2019_MediaManage+Brandfolder_resize.png

デジタル資産のアクセス/管理/共有を容易に 

世界トップクラスのビジュアルコンテンツのための効率的な管理ツール



以下のような有名企業にご利用いただいています。

2021_MediaManager_GE.jpg
2021_MediaManager_Virgin.jpg
2021_MediaManager_Shell.jpg
2021_MediaManager_Kaspersky.jpg
2021_MediaManager_UFC.jpg
2021_MediaManager_Manchester.jpg
2021_MediaManager_Liverpool.jpg
2021_MediaManager_Olympics.jpg
メディアマネージャーの仕組み
2020_MediaManager_Informed.png
検索時間を短縮
利用権限管理、承認のカスタマイズ、お持ちのビジュアル素材の使用状況の把握と分析など、多彩な操作が可能。
2020_MediaManager_Manage.png
ビジュアル素材のアップロードと管理
サイズ変更、ファイル形式の変換、画像編集、テンプレート整理を行えます。Dropbox™やGoogle Driveをはじめとするクラウドストレージとの連携も可能。
2020_MediaManager_Simplify.png
作業を効率化
操作が感覚的に理解できるインターフェースを実装。ビジュアル素材の変更履歴確認や、Adobe®のデザインソフトウェアとの連携が可能。
メディアマネージャーでビジュアル素材の効率的な管理を実現

ブランドは、複数の資産から成り立っています。メディアマネージャーを使えば、あらゆるデジタル資産の整理をはじめ、管理や制御、共有、測定を安全かつ確実な場所で行うことができます。
ビジュアル素材の管理にかかる労力を削減
  • 購入したもの、ライセンス情報、キーワードをほぼリアルタイムで反映します。

  • ドラッグ&ドロップでのアップロード、Dropbox、Box、Google Drive、OneDriveなどのアプリとの連携、扱いやすいゲスト用アップロードリンクなどを利用できます。

  • メタデータやルールに基づいて関連するビジュアル素材をまとめて、自動的に送付することが簡単にできます。

  • AIや機械学習を活用して自動的にタグを付けたり、類似したビジュアル素材を表示したり、重複しているものを検出したりします。
自由度の高い設定機能
  • 便利な権限設定により、利用できるビジュアル素材をユーザー毎に割り当てます。

  • 公開/非公開の設定によるプライバシーの管理や、リンクの有効期限の設定が可能です。

  • 注釈、チェックイン/チェックアウト機能、バージョン管理などのツールを使って、共同作業を一元化することができます。

  • 任意:カスタマイズ可能なSSO設定で、ユーザーの権限を簡単に設定できます。
ビジュアル素材の簡単検索
  • ポータルやライブラリなどのツールを使って、ユーザーが業務に適した方法でビジュアル素材を見つけやすくなっています。

  • 便利なAPIにより、普段お使いのデジタル資産管理環境から、ビジュアル素材を連動させて利用することができます。

  • 目当てのものを簡単に見つけられるように、画像や文書に含まれる文字情報でも検索できます。
ビジュアル素材の円滑な共有
  • 共有リンクを使って、組織の内外からビジュアル素材へのアクセス権を簡単に許可することができます。

  • ビジュアル素材をウェブページに埋め込んだり、共有リンクをメールで送信したりすることができます。ビジュアル素材に変更があるときは、共有リンクにも自動的に反映されるので、その都度、新しいリンクを作成する必要がありません。
ビジュアル素材の成果を測定
  • 機械学習を利用して、閲覧数とダウンロード数に基づいてビジュアル素材の評価を行い、Asset Scoreで共有します。

  • メディアマネージャーのインサイトと一緒に、内外のご利用状況を集約して確認できます。閲覧されているもの、共有されているもの、ダウンロードされているもの、利用されている場所などの情報を確認できます。