Getty Images

この項には、ゲッティ イメージズの製品に適用されるライセンス契約が記載されています。

トピック:
エディトリアル、ライツマネージ、ならびにライツレディ画像および動画ライセンス契約 PDFのダウンロード
ロイヤリティフリー静止画・動画ライセンス契約条項 PDFのダウンロード
カンプファイル、動画プレビューライセンス契約 PDFのダウンロード
音楽ライセンス契約 PDFのダウンロード

ゲッティイメージズ・エディトリアル、ライツマネージ、ライツレディ静止画・動画ライセンス契約

最終更新日: 2015年5月

この契約(以下「本契約」)は、ライセンシー、購入者(該当する場合)、およびゲッティイメージズの関連会社の間で締結される法的契約です。以下の第11条10項に記載されているゲッティイメージズの関連会社(以下「ゲッティイメージズ」)です。本契約は、ウェブおよび地区営業担当者を通じて付与されるライセンスに適用され、ライセンス対象物のオンライン、デジタル、および物理的方法による引き渡しにも適用されます。ライセンシーおよび購入者(存在する場合)は、本ライセンスの注文により、所在地の法律に基づく契約締結能力を有する者であることを認めたこととなります。

1. 定義。 本契約では、以下の定義が適用されます。
1.1「エディトリアルライセンス対象物」とは、ニュース性を有する出来事または公共の関心対象である出来事に関連し、ゲッティイメージズのウェブサイトにそのように示されているライセンス対象物を意味します。
1.2「請求書」とは、ゲッティイメージズが発行するコンピュータ生成のまたは印刷済みの標準書式の請求書であり、本契約においてライセンサーとなるゲッティイメージズのライセンス会社と、ライセンシーとの合意済み条件が明記されたものを意味します。請求書は本契約の一部であり、「本契約」という場合には全て、請求書が含まれるものとします。
1.3「ライセンス対象物」とは、本契約の条項に基づきゲッティイメージズがライセンシーにライセンスを付与する静止画、動画、ビデオ映像、オーディオ作品、または視覚的表現物で、光学的方法、電子的方法、デジタル処理を用いた方法、または他の方法で制作され、(写真のネガ、OHP等のスライド、フィルムに焼き付けられた画像、写真、オリジナルデジタルファイ ル、またはこれらのコピーを含みます)、著作権、商標権、特許権、または他の知的財産権により保護されている他の制作物を意味します。本契約において、「ライセンス対象物」という場合、個々のライセンス対象物を意味すると同時に、ライセンス対象物の総称をも意味します。
1.4「ライセンシー」とは、本契約に基づきライセンスを購入する団体、またはライセンシー以外の購入者(購入手続中にライセンシーとして明示され、請求書にその旨が記載されている団体)を意味します。
1.5「ライセンシー作品」とは、ライセンシーが自ら又は他者を通じて、独自の技術および努力によりライセンス対象物の複製物および他の素材を含めて作成した最終製品またはサービスを意味します。
1.6「購入者」とは、第三者であるライセンシーに代わり本契約に基づきライセンスを購入する団体を意味します。
1.7「複製(物)」および「複製する」とは次の行為(およびその成果物)を意味します。ライセンス対象物の全部または一部を、何らかの媒体により方法を問わずコ ピーまたは公開すること。ライセンス対象物の当該全部または一部の内容を変形・変更、トリミングまたは操作したりすること。ライセンス対象物に基づくか、 ライセンス対象物を含む派生作品を制作すること。
1.8「権利制限情報」とは、ライセンス対象物を選ぶ際にライセンシーへ提供される、次のいずれかの情報を意味します。(i) ゲッティイメージズのウェブサイト(購入手続に関連するあらゆるエリアを含みます)上にあるライセンス対象物に付帯している情報。(ii) ゲッティイメージズが発行する見積書内の情報。または (iii) (iv) エディトリアルコンテンツに関するRSSフィード内の情報(配信される場合)。なおこれらの情報は請求書内に反映される場合もあります。権利制限情報には、選んだライセンス対象物に適用される、許される使用範囲、ライセンス期間、使用可能地域、または他の使用制限に関する情報、ならびにライセンス対象物のライセンスに相当するライセンス料(以下「ライセンス料」)情報が含まれますが、これらに限定されません。権利制限情報は本契約の一部であり、本契約という表記はすべて、権利制限情報を含むものとします。

2. 権利付与と制限。 下記は本契約の条項によって規定されます。
2.1ゲッティイメージズはライセンシーに、本契約に明記される範囲において、請求書に指定されたライセンス対象物を使用および複写するための、非独占的、サブライセン¥ス付与不能、および譲渡不能な権利を付与します。ライセンシーの業務委託業者(購入者を含む)もライセンシー作品の準備のためにこの権利を行使することができますが、当該の業務委託業者が本契約の条項を 遵守することに同意することがその条件となります。
2.2ライセンス対象物の使用は、権利制限条項に定める使用用途、媒体、期間、印刷部数、配置、ライセンス対象物のサイズ、対象地域およびその他の制限事項に厳格に制限されます。ライセンシーは、上記第2.1項に定めるものを含め、権利制限条項に定める用途のために必要な制作過程でライセンス対象物を使用することができます。ライセンシーは、権利制限条項で企図される配布プロセスの一部としてのみ、権利制限条項に定める用途に必要または適切なあらゆる配布プロセスの一部として、ライセンシー作品のライセンスを付与すること、および/または所有権を譲渡することができます。本2.2項は、ライセンシーに対し、ライセンス対象物単体に関し、かかる権利を付与するものではありません。
2.3追加の権利が権利制限条項に規定されているか、または別途ライセンス契約によって付与される場合を除き、エディトリアルライセンス対象物は、商業、販売促進、広報、宣伝を目的として、または商品として使用することはできません。本契約における「報道、編集」用途でのライセンス対象物の使用とは、ニュース性を有する出来事または公共の関心対象である出来事に関連する使用を意味し、 広告セクション(ライセンシーが第三者の広告主またはスポンサーから料金を受け取るセクションまたは付録など)は明示的に除きます。
2.4エディトリアルライセンス対象物のクロッピングまたは技術品質向上のための編集については、当該対象物の完全性が損なわれない場合に限り実施できますが、その他の改変はいかなる場合でも実施できません。
2.5ゲッティイメージズでは、ライセンス対象物の主題を正確に解説し、ライセンス対象物に関連するその他の情報(メタデータを含め)を提供するよう努力していますが、当該情報が正確であるという保証はいたしません。
2.6ライセンス対象物を、直接的であるか、他の素材またはテーマとの関連性においてか、あるいは他の素材またはテーマとの並置かを問わず、ポルノ又はポルノ類似、中傷、またはその他違法性のある目的に使用することは固く禁じられています。また、ライセンシーは、適用される規則、業界規範、またはその両方を遵守するものとします。
2.7人物または財産を使用したライセンス対象物が、一般人にとって好ましくない題材または不当に論議を呼ぶ可能性のある題材と関連して使用された場合(「報道、 編集」目的で使用されるエディトリアルライセンス対象物を除く)、ライセンシーは、当該の使用のたびに、(i) ライセンス対象物は例示目的のみに使用されており、(ii) ライセンス対象物に表された人物(該当する場合)は単なるモデルであるという説明を付さなければなりません。
2.8ゲッティイメージズの書面による事前承諾を得ない限り、ライセンス対象物をロゴ、コーポレートアイデンティティ(CI)、商標、またはサービスマークに組み入れることはできません。
2.9ライセンシーは、第三者がライセンス対象物を単独のファイルとしてダウンロード、抽出、再配布またはアクセスすることを可能にするか促すような方法でライセンス対象物を提供することはできません。
2.10エディトリアルライセンス対象物は、ゲッティイメージズの書面による事前承諾を得ず、また、それに伴う追加ライセンス料の支払いが求められた場合はそれに従わない限り、携帯端末でライセンス対象物、 ライセンシー作品、または両方を表示する目的で特別に作成された、携帯端末を対象としたウェブサイトまたは携帯端末のアプリケーション用に変更または再構成したり、ライセンス対象物に再目的を持たせたりすることはできません。この目的で特別にライセンス対象物を変更または再構成したり、ライセンス対象物に再目的を持たせたりしていない限り、ウェブサイト用途のライセンスが付与 されているライセンス対象物が携帯端末で(「プッシュ式」に対する概念としての)「プル式」で表示可能な場合、本項の携帯端末での使用制限に違反したとは見なされません。
2.11権利制限条項に別段に規定されていない限り、ライセンシーは直接的か間接的かを問わず、合成、スクリーンショット、インコンテキストプロモーション、ファイル共有、またはソーシャルネットワーキングウェブサイト等(YouTube、Facebook、MySpace、Bebo等)の二次複写物に、ライセンシー作品を複写することはできません。
2.12ライセンス対象物は、権利制限条項に違反した方法で使用することはできません。
2.13購入者がライセンシーに代わりライセンス対象物のライセンス付与を行う場合、購入者は、(i) ライセンシーの代理人の役目を務める権限を有しており、ライセンシーを本契約に拘束させる全面的な権能と権限も有しており、(ii) ライセンシーがその後当該権能および権限に異議を唱えた場合にライセンシーによる本契約の条項への非遵守に対して責任を負うことを表明および保証します。本第2.13項の規定のいずれも、ゲッティイメージズにライセンス料を支払う、購入者の義務を免除するものではありません。
2.14ライセンシーは、明示または黙示を問わず、ライセンシーが実質的にライセンス対象物の芸術的要素から派生した視覚的作品の原作者であるということを不当に主張することはできません。
2.15権利制限情報に基づき、ライセンシー作品をウェブサイト上で複製される場合、ライセンシーは、ライセンス対象物を単体のファイルとしてダウンロード、再公開、再伝送、複製、またはその他の使用をしてはならない旨の規定を該当ウェブサイトに掲載する必要があります。
2.16権利制限情報に、ソーシャルメディアプラットフォームまたは他の第三者のウェブサイトでのライセンス対象物の複製が含まれる場合、(i) 当該プラットフォームまたはウェブサイトにおいて、本契約の規定に反する方法でライセンス対象物に関する権利が利用されようとしたときは、本契約により付与されたライセンスは自動的に失効するものとします。(ii) この場合ライセンシーは、ゲッティイメージズからの求めにより、当該プラットフォームまたはウェブサイトに掲載している全てのライセンス対象物を削除しなければなりません。

3. クレジットおよび知的財産権。
3.1著作権。 本契約に含まれるライセンスの付与により、ライセンス対象物の保有権または著作権がライセンシーに引き渡されることはありません。本契約に提示されている場合を除き、ゲッティイメージズはライセンシーに、明示的か黙示的かを問わず、ライセンス対象物に対する一切の権利またはライセンスを付与しません。ライセンシーに対しては、著作権を含め、ライセンス対象物に関するいかなる権利も移転されないため、ライセンシーは、ライセンシー作品に含まれているライセンス対象物の機械複写、デジタル複写又は他の二次的利用に関連した料金徴収団体の収入に関し、権利を主張することはできません。
3.2商標権。 「ゲッティイメージズ」、またはすべてのライセンス対象物のコレクションの名称を含めたゲッティイメージズもしくはそのパートナーのその他の商号、商標、ロゴ、またはサービスマーク(以下総称して「マーク」)の使用に関し、ライセンシーは、(i) これらのマークは、現在および将来にわたりゲッティイメージズまたはそのパートナーだけの保有財産であること、(ii) 本契約に基づくクレジット表示の義務を果たすために明示的に要求される場合を除き、マークを使用に関する権利は、ライセンシーに一切付与されないこと、および (iii) ライセンシーは現在および将来にわたり当該マークの有効性について異議を唱えないことを認め、かつ同意するものとします。
3.3フォトクレジット。 第10条に別段の記載がない限り、「報道/編集」的利用態様で使用されるすべてのライセンス対象物の近くには、「[フォトグラファーの名前]/[コレク ション名]/ゲッティイメージズ」というクレジットライン、またはその他ゲッティイメージズのウェブサイトに記載されたクレジットラインを表示しなければなりません。ライセンシーは、クレジットの表示を怠った場合、ゲッティイメージズの完全な裁量により、ライセンス料の100%に相当する追加料金を支払わなければならない場合があります。上記の料金は、ゲッティイメージズがコモンロー上や衡平法上保有するその他の権利または救済手段に加えて保有する手段であるとします。
3.4オーディオ/ビジュアル制作のクレジット。 ライセンス対象物を、「エディトリアル」用途またはそれ以外の用途のオーディオ/ビジュアル製品に使用する場合で、他の提供者によるライセンス対象物と同様の表現物に関するクレジットラインも併せて表示される場合、技術的に可能な範囲で、他のクレジットと同等の大きさおよび表示場所において、概ね次のようなフォームでのクレジットを付す必要があります。「この[動画][イメージ]は、[コレクション名]/ゲッティイメージズから提供されています」。
3.5不正使用の通知。 ライセンシーは、ライセンシーを通じてライセンス対象物にアクセスした第三者がライセンス対象物を全部か一部かを問わず不当に使用していること、またはゲッティイメージズの知的財産権(マークと著作権を含みますがこれらに限定されません)を侵害していることに気付いた場合あるいはそのような疑いを持った場合、直ちにこれをゲッティイメージズに通知します。

4. リリース。
4.1ゲッティイメージズは、ライセンス対象物のモデルリリース、プロパティリリース、または両方を取得した場合、権利制限条項でライセンシーに通知するものとします。以下の第5条1項(iv)および第6条1項に明記されている保証および補償は、該当する書面による通知が行われた場合に限り提供されます。そのような通知が行われなかった場合は、該当するモデルリリースやプロパティリリースは取得されません。エディトリアルライセンス対象物では、通常、リリースは取得されません。特定の法域では、リリースがない場合、人物の画像・肖像または財産(プロパティ)に関する一定の利用に関し、これらの権利者に法的保護が与えられる場合があることを認識し、了承するものとします。ライセンシーは、例えば米国映画俳優組合など団体協約の締結の結果生じるライセンシーの義務など、ライセンシーが自ら行った行為の結果については、当該団体協約に基づき支払うべき金額を支払うなどその条件を遵守する責任を負うものとします。
4.2モデルリリース、プロパティリリース、または両方を取得した旨がライセンシーに特別に通知された場合を除き、ライセンス対象物に表された名称、人物、商標、 トレードドレス、ロゴ、あるいは登録済、未登録、または著作権保護されているオーディオ、デザイン、芸術作品、または建築作品の使用に関して、ゲッティイメージズは一切の権利を付与せず、一切の保証も行いません。予定しているライセンス対象物の使用に関するリリースの要否判断責任と、必要なリリースの取得責任は、ライセンシーのみが負うものとします。

5. 保証および責任の制限。
5.1ゲッティイメージズは以下を保証します。(i) 引き渡しから30日間、ライセンス対象物の素材および仕上がりに欠陥がないこと(この保証の不履行に対するライセンシーの唯一かつ排他的な救済手段は、ライセンス対象物の交換に限定されます)、(ii) ゲッティイメージズが本契約を締結および履行するために必要な全ての権利および権限を有していること、(iii) ライセンシーがライセンス対象物を本契約に基づき、ゲッティイメージズが提供する形式で使用する場合(すなわち、ライセンシーによる変更、オーバーレイ、またはリフォーカスを除く)、いかなる個人や団体の著作権または著作者人格権をも侵害しないこと、および (iv) 第4条1項に従ってゲッティイメージズがリリースを提供し、ライセンシーがライセンス対象物を本契約に基づき、ゲッティイメージズが提供する形式で使用する場合(すなわち、ライセンシーによる変更、オーバーレイ、またはリフォーカスを除く)、(プロパティリリースが提供された場合)商標またはその他の知的財産権も侵害せず、(モデルリリースが提供された場合)プライバシー権またはパブリシティ権をも侵害しないこと。
5.2ゲッ ティイメージズは、明示的か黙示的かを問わず、ライセンス対象物またはその配布システムに関して、他の一切の保証(商品性または特定目的への適合性に関する黙示的な保証を含みますが、これに限定されません)を行いません。ゲッティイメージズは、本契約に起因するあらゆる懲罰的損害、特別損害、間接的損害、派生的損害、付随的損害、またはその他の類似の損害、費用、もしくは損失について、ゲッティイメージズが当該損害、費用、または損失の可能性を通知されていたとしても、ライセンシーまたはその他の個人や団体に対して一切の責任を負わないものとします。一部の法域では、特定分野の損害に関する黙示保証または責任を免除または制限することが認められない場合があります。ゲッティイメージズは、ライセンシーがライセンス対象物に対して行った変更、またはライセンス対象物がライセンシー作品で使用される状況に起因する、またはその結果生じる損害、費用、もしくは損失について一切の責任を負わないものとします。

6. 免責補償
6.1ゲッティイメージズは、ライセンス対象物が本契約に従ってのみ使用されることと、ライセンシーが本契約に違反していないことを条件として、第5.1項 (ii) 号から (iv) 号規定の保証の違反があった場合にライセンシーが受けられる唯一かつ排他的な救済として、前述の第5.2項および後述の6.3項に従い、ゲッティイメージズが第5.1項 (ii) 号から (iv) 号に規定の保証の現実の違反又はその旨の主張に関して第三者が提起した請求(以下「本件請求」)から生じ又はその結果として、ライセンシーとその親会社、 子会社、および共同で所有または支配している関連会社、ならびにそれぞれの役員、取締役、および従業員が被ったあらゆる損害、責任、および費用(社外の弁護士に対する相当の報酬を含みます)に関し、これらを防御し、補償し、免責を行います。ゲッティイメージズは、次のいずれかに起因するかその結果として提起された本件請求については、第6.1項に基づく義務を負いません。(i) ライセンシーによるライセンス対象物の修正、オーバーレイ、もしくはリフォーカス(当該修正、オーバーレイ、もしくはリフォーカスがなければ本件請求が提起されなかった場合)。(ii) ライセンス対象物がライセンシー作品で使用された状況(当該使用がなければ本件請求が提起されなかった場合)。(iii) ライセンシーが本契約の規定に従わなかったこと。または (iv) ライセンス対象物が第三者による権利侵害の請求対象となっている事実につき、ゲッティイメージズより知らされるか自ら知った後も、ライセンシーがライセンス対象物の使用を継続したこと。前記は、ゲッティイメージズの本契約に基づく補償義務の全てを示します。
6.2ライセンシーは、下記第6.3項の条件に従って、(i) ライセンシーによるライセンス対象物の本契約の範囲外での使用、(ii) ライセンシーによるその他の本契約の実際の不履行または主張された不履行、または (iii) ライセンシーが必要なリリースを取得しなかったことに関連して第三者が申し立てる請求に起因する、またはその結果生じる一切の損害、責任、および経費(合理的な外部の弁護士費用を含む)について、ゲッティイメージズ、その親会社、子会社、これらが共同で所有または運営する関連会社、およびコンテンツプロバイダ、ならびにこれらの役員、取締役および従業員を防御し、補償し、免責するものとします。
6.3第6条に従って補償を請求する当事者(以下「補償請求当事者」)は、当該請求について補償を行うべき当事者(以下「補償当事者」)に対し、直ちにかかる請求 を通知するものとします。補償当事者は、その選択により、請求または訴訟の処理、和解、あるいは防御を引き受けることができます。その場合、補償請求当事者は、補償当事者からの合理的な要求に応じて、これらの請求または訴訟の防御に協力するものとします。補償請求当事者は、自ら選択した弁護士を通じ、自己の経費負担において、訴訟に参加する権利を有するものとします。補償当事者は、補償請求当事者が、本件請求について補償当事者へ通知する前に負担した訴訟費用および他の費用を補償する責任を負いません。

7. ライセンス対象物の状態。 ライセンシーは、ライセンス対象物を複写に出す前に全てのライセンス対象物の欠陥(デジタル的なものかその他のものかを問いません)の有無を調べるものとします。上記第5.1項(i)の権利を妨げることなく、ゲッティイメージズは、直接的か間接的かを問わず、ライセンス対象物、その表題、または状況を問わずその複写の、実際の欠陥あるいは欠陥の主張に起因して発生した、ライセンシーまたは第三者の損失または損害について、一切の責任を負わないものとします。

8. ライセンスのキャンセル料。 ライセンス対象物がライセンシーもしくは購入者に引き渡された日から30日以内に、ライセンシーもしくは購入者が本契約の取り消しを書面により求め、ライセンシーが該当ライセンス対象物を使用していない場合、ゲッティイメージズは本契約を取り消し、次のいずれかに相当する額をライセンシーもしくは購入者の勘定もしくはクレジットーカードへ返金します。(i) ライセンス対象物が非動画ライセンス対象物で、その引渡日から7日以内に取消依頼があった場合、ライセンス料の全額。または (ii) 引渡日より8から30日(動画ライセンス対象物の場合は引渡日より30日以内)の期間中に取消依頼があった場合、ライセンス料の半額。なおいずれの額からも、50米ドル(もしくは各地域の通貨で同等の額)の事務手数料が差し引かれます。ライセンス対象物が引き渡されてから30日を過ぎてキャンセルが求められた場合、ライセンス料は一切払い戻しされません。請求書記載の条件に従って支払われるべきであって、払い戻しが認められていないリサーチ、ラボ、手数料、または定額使用料金には、本第8条の規定は適用されません。

9. 電子的方法による請求、請求書の支払い遅延利息。 ライセンシーおよび購入者は、ライセンシーおよび/または購入者のゲッティイメージズのアカウントに関連付けられているEメールアドレスを通じて、ゲッティイメージズから電子的方法で請求書を受け取ることに同意するものとします。請求書に指定されている期限内にゲッティイメージズの請求書の全額をライセンシーが支払わなかった場合、ゲッティイメージズは手数料として、月利1.5%の金額、または、法律により未払い残高に課すことが認められている金額がそれより低い場合は当該の金額を、支払いが行われるまでの間、追加請求します。

10. 特定のコレクションに固有の規定
10.1Hulton Archive。 Hulton Archiveの歴史的で貴重なライセンス対象物には、古い写真技術が用いられている場合があります。このようなライセンス対象物には、特定の年代の印刷物に固有の「アーチファクト」またはその他の瑕疵が存在する場合がありますが、これらは欠陥ではありません。Hulton Archiveのライセンス対象物の使用により、その他の国において出版権(著作権および著作隣接権規則または他の国での類似の権利に関する規則の定義に よる)または類似の権利が発生した場合、当該権利はゲッティイメージズに独占的に帰属するものとします。ライセンシーは、当該の全ての権利の財産権をゲッティイメージズに独占的に帰属させるために必要となる全てのことを行い、当該の権利が帰属する可能性がある第三者から権利を取得する(譲渡証書の締結を含む)ものとします。
10.2The Bridgeman Art Library。 「報道、編集」目的で使用される全てのThe Bridgeman Art Libraryのライセンス対象物の近くには、「(題名)/(アーティストの名前)/The Bridgeman Art Library/Getty Images」というクレジットラインを表示しなければなりません。「報道、編集」目的以外での使用についても、合理的に可能な場合は上記のクレジットラインの使用が必要とされます
10.3National Geographic Society(ナショナル ジオグラフィック協会、「NGS」)。 「報道、編集」目的で使用される全てのNGSのライセンス対象物の近くには、「(フォトグラファーの名前)/NATIONAL GEOGRAPHIC IMAGE COLLECTION/Getty Images」というクレジットラインを表示しなければなりません。「報道、編集」目的で使用されるあらゆるNGSのライセンス対象物に関連して、NGSの名称、ロゴ、または商標を他に使用することは一切許可されていません。NGSの名称、ロゴ、または商標を使用すること(クレジットラインの使用を含む)は、カレンダー、ポスター、印刷物などの宣伝用、商用、企業用、または消 費者用の製品を含め、NGSのライセンス対象物を「報道、編集」目的以外に使用する場合は一切許可されていません。NGS Licensed Material may be cropped, but not rotated or otherwise altered. 特に明示されない限り、NGSのライセンス対象物についてはモデルリリースまたはその他のリリースは存在しません。NGSのライセンス対象物の中には公有状態となっているものがあり、したがって、NGSが代表しているNGSのライセンス対象物のライセンスを、別のライブラリが、相反する使用のために付与できる場合があります。ゲッティイメージズおよびNGSは、当該の状況に対して一切の責任を負わないものとします。
10.4Digital Globe。 Digital Globeのライセンス対象物は、いかなる種類のインタラクティブマップビューアにも組み入れることはできません。
10.5NBAのライセンス対象物。 NBAのイメージは、事前の承認を得ない場合ライセンス付与されません。承認を得るには、お住まいの地域のゲッティイメージズのオフィスにお問い合わせください。
NBAのイメージに関する追加ライセンス条項。 以下の追加規定は、全米バスケットボール協会(「NBA」)のライセンス対象物またはNBAの試合で撮影されたライセンス対象物のライセンシーに適用されます。これらの追加規定の条項が本契約に記載の他の条項と抵触または矛盾する場合は、これらの追加規定の条項が優先します。
第三者の受益者。 ライセンシーは、(i) NBAのライセンス対象物のライセンスについては、NBA Properties, Inc.の一部門であるNBA Entertainmentが本契約の第三者の受益者であり、(ii) Women's National Basketball Association(全米女子バスケットボール協会、以下「WNBA」)のライセンス対象物のライセンスについては、WNBA Enterprises, LLCが本契約の第三者の受益者であり、(iii) National Basketball Developmental League(全米バスケットボール開発リーグ、以下「NBDL」。NBA、WNBA、NBDLを以下総称して「NBA団体」)のライセンス対象物のライセンスについては、NBDL Enterprises, LLCが本契約の第三者の受益者であることに同意するものとします。
追加的制限。 NBA、WNBA、またはNBDLのライセンス対象物、あるいはNBAの試合で撮影されたライセンス対象物に関しては、ライセンス対象物の複写、格納、保管、再配布、またはその他の使用は、NBA Entertainmentからの書面による別段の承認がない限り禁じられています。
「報道、編集」目的によるウェブサイトでの使用。 NBA、WNBA、またはNBDLのライセンス対象物、あるいはNBAの試合で撮影されたライセンス対象物を、本契約に基づいて報道ウェブサイトに使用するライセンシーの場合、別段の合意がない限り、ライセンシーがライセンス対象物を掲示したり、その他の用途に使用したりできるのは、当該ライセンシーが当 該ライセンス対象物の掲示を許可された最初の日から30日間までとします。ライセンシーが一度に30点を超えるライセンス対象物のイメージを掲示またはその他の使用をすることは一切認められず、またライセンシーは、いかなるライセンス対象物もフォトギャラリーまたはスライドショーの一部として使用してはならないものとします。
複写。 NBA、WNBA、およびNBDLのライセンス対象物またはNBAの試合で撮影されたライセンス対象物は、改変や切り取りを行うことなく、ゲッティイメージズ(またはその被指名人)からライセンシーに提供されたとおりの状態で複写される必要がありますが、当該の変更がゲッティイメージズによって書面で承認された場合はこれに限りません。
NBA団体のフォトクレジット。 NBA、WNBA、またはNBDLのライセンス対象物の使用箇所の近くには、各状況に応じて以下のようにフォトクレジットを表示しなければなりません。(i)いずれかのNBA団体によってゲッティイメージズに提供された全てのNBAのイメージには、「(c) [年] NBA Entertainment. Photo by [フォトグラファーの名前]/NBAE/Getty Images」。(ii)いずれかのNBA団体によってゲッティイメージズに提供された全てのWNBAのライセンス対象物には、「(c) [年] WNBA Enterprises. Photo by [フォトグラファーの名前]/WNBAE/Getty Images」。(iii)いずれかのNBA団体によってゲッティイメージズに提供された全てのNBDLのライセンス対象物には、「(c) [年] NBDL Enterprises. Photo by [フォトグラファーの名前]/WNBAE/Getty Images」。(iv)ゲッティイメージズまたはその代理人によって撮影された全てのNBA、WNBA、およびNBDLのライセンス対象物には、「(c) [年] Getty Images. Photo by [フォトグラファーの名前]/Getty Images」。
知的財産権と商標。 本契約は、ライセンス対象物に登場するNBA、WNBA、またはNBDLの選手、あるいはその他の個人や団体の名称、肖像、またはその他の属性に関するいずれの権利もライセンシーに付与しません。ライセンシーは、ライセンス対象物に登場する当該の個人または団体の名称、肖像、あるいはその他の属性の使用をライセンシーに許可する、あらゆる全ての必要なライセンス、リリース、または権利放棄を得る責任を単独で負うことを認め、かつ同意するものとします。
知的財産権。 ライセンシーは、本契約の条項に従って、それぞれの場合に応じて、NBAおよびその加盟チーム、WNBAおよびそのチーム、またはNBDLおよびそのチームの名称、シンボル、エンブレム、デザイン、ロゴ、商標、ユニフォーム、および識別可能な表示(以下総称して「NBAマーク」)を使用する権利を有するものとします。ただし、ライセンシーが当該ライセンス対象物に関して承認されている使用規定に適切に準じてNBAマークをライセンス対象物に登場させる場合のみに限定されます。ライセンシーは、該当するNBA団体またはその関連団体とライセンス契約を別途締結しない限り、他のいかなる目的にもNBAマークを一切使用しないものとします。ライセンシーは、NBA団体、その関連団体、または両者がNBAマーク使用のライセンスを付与する独占的権利を保有すること、および該当するNBA団体または該当するその関連団体の事前の承認なしではいかなる理由(製品またはサービスの販売に関連する理由を含む)であってもNBAマークを使用できないことを認め、かつ同意するものとします。ライセンシーは、NBAマークの価値を認識するとともに、それに付随する営業権が該当するNBA団体および/または該当するその関連団体に帰属すること、 およびNBAマークが一般の人々の心情において派生的意味を持つことを認めるものとします。ライセンシーは、NBA団体および/またはその関連団体がNBAマークに対して保有する財産権を攻撃しないこと、また本契約の有効性を攻撃しないことに同意するものとします。
10.6BBC Motion Gallery動画配信サービス。 (i) (a) お客様が、ソーシャルメディアプラットフォーム提供業者もしくはオンラインビデオ集約配信サービス業者である、(b) ライセンシー作品に、特定のBBC原作番組の25%もしくは15分を超える部分(シリーズ番組の場合は、その10%を超える部分)を使う、または (c) ライセンシー作品に、BBCクリップの20%(もしくはBBC Earthクリップの10%)を超える部分を使うか、のいずれかに該当する場合には、BBC Motion Galleryコレクションに含まれているビデオクリップを使う前に、お客様の地域におけるゲッティイメージズ担当者までご連絡ください。(ii) 利用前の承認が要求されるクリップは、(BBCを除き)一切の第三者である著作権、その他の権利処理費用が含まれていない状態でライセンスが付与されていることにご注意いただき、ライセンシーは、このようなライセンス対象物を利用するに先立ち、第三者からの必要な許諾を取得し、関連する全ての支払いを行うことに同意するものとします。許諾が必要な第三者には、例えば、俳優、作家、コンポーザー、ミュージシャン、プロデューサー、ディレクター、アーティスト、デザイナー、写真家、および ライセンス対象物に関連して役務を提供したその他の者や、ならびに自らが著作権を有する著作物がライセンス対象物に含まれている著作権保有者が含まれます。

11. 雑則。
11.1不正使用および契約の終了。 本契約で明示的に許可されていない方法でライセンス対象物が使用された場合、ゲッティイメージズは、著作権侵害として、世界各地の著作権法に基づいて得られるあらゆる権利および救済手段を行使する権利を持つものとします。ライセンシーは、このような著作権侵害に起因する一切の損害(第三者からの請求を含みます)に対する責任を負うものとします。ライセンス対象物の不正利用に対しては、本契約に記載されたゲッティイメージズの他の救済手段に加え、またそれを損なうことなく、ゲッティイメージズは支払いを請求する権利を保持し、ライセンシーはゲッティイメージズの通常のライセンス料の最高5倍に相当する金額を支払うことに同意するものとします。ゲッティイメージズは、ライセンシーが (i)ゲッティイメージズからライセンス対象物に関連する不正使用の通知を受けた後に本契約を締結した場合、(ii)本契約締結時にライセンス対象物の使用案に関して 誤った情報を提供した場合、(iii)期日までにライセンス料を支払わなかった場合、または(iv)本契約の条件に違反した場合、本契約を終了させる権利を留保します。本契約が終了した場合、ライセンシーは直ちに(I)ライセンス対象物の使用を中止し、さらに(II)ライセンシーが所有または管理しているライセンス対象物を破棄するか、ゲッティイメージズの要求に基づきこれをゲッティイメージズに返却しなければならず、また、ゲッティイメージズが正当な理由に基づき解除をした場合は、ライセンシーが保有または管理しているライセンシー作品についても同様にする義務があります。
11.2遵守に関する監査/証明書。 ライセンシーは、相当の通知を受けた場合、ゲッティイメージズに対し、ライセンス対象物を含む複製物のサンプルコピーを提供するものとします。これには、ライセンス対象物が複製されている、有料又はその他アクセス制限つきのウェブサイトまたはプラットフォームへ無償でアクセスできる権利の提供が含まれます。さらにゲッティイメージズは、合理的な通知の上、自己の裁量により、自社の従業員または第三者を通じて、本契約の条項の遵守を確認するために、本契約およびライセンス対象物の使用に直接関連するライセンシーの記録を監査することができます。監査の対象となった期間中に5%以上の金額がゲッティイメージズに対して過少支払いされたことが明らかになった場合、ライセンシーはゲッティイメージズに未払い分を支払い、さらに監査費用も償還するものとします。ライセンス対象物が本契約に基づき付与されているライセンスの範囲外で使用されていることを、ゲッティイメージズが合理的に確信する場合、ライセンシーはゲッティイメージズの要求に従って、ゲッティイメージズが承認する書式にて、ライセンシーの役員が署名した遵守証明書を提出するものとします。
11.3電子的保存。 電子形式によってライセンシーに引き渡された全てのライセンス対象物について、ライセンシーは著作権表示、ゲッティイメージズの名称、およびライセンス対象物識別番号やその他の情報を、オリジナルのライセンス対象物を含む電子ファイルの一部として保持しなければなりません。ライセンシーは、ライセンス対象物の高解像度の追加コピーを作成することはできません。また、ライセンシーは、第三者がライセンス対象物に対して不正にアクセスできないように、強固なファイアウォールを維持するものとします。上記にかかわらず、ライセンシーはセキュリティ上の目的でのみ、ライセンス対象物の高解像度のバックアップコピーを1部作成することができるものとします。
11.4取り消し。 ライセンス対象物が他者の権利を侵害しているという主張がある可能性があり、それに対してゲッティイメージズが法的責任を有する可能性があることを、ゲッティイメージズがライセンシーに通知し、またはライセンシーが知った場合、ゲッティイメージズはライセンシーに対し、直ちに自己の費用で以下を実施するよう要求することができます。(i) ライセンス対象物の使用を中止すること。(ii) その施設、コンピュータシステムおよび(電子的または物理的な)保管場所からライセンス対象物を消去または除去すること。および (iii) その顧客も同様の措置を取ることを確実にすること。ゲッティイメージズはライセンシーに対し、同等のライセンス対象物(この同等性はゲッティイメージズの合理的な商業上の判断によりゲッティイメージズが決定する)を無料で提供しますが、その他の点については本契約の条項と同じ条件とします。
11.5準拠法/仲裁。 本契約のあらゆる内容は、抵触法に関する法の定めを参照することなく、ニューヨーク州法に準拠します。本契約または本契約の強制可能性、又は当事者間の事業上の関係に起因し又は関連する全ての争いは、American Arbitration Association(米国仲裁協会、「AAA」)またはInternational Center of Dispute Resolution(国際紛争解決センター、「ICDR」)の仲裁が開始された日において有効な商業規則(適用規則はライセンシーの裁量によります)に 基づき、仲裁人を選出するための規則および手続きに従って選出された1人の仲裁人により、米国ワシントン州シアトル市、米国ニューヨーク州ニューヨーク市、米国カリフォルニア州ロサンゼルス市、英国ロンドン市、仏国パリ市、独国フランクフルト市、日本東京都、またはシンガポールのいずれかの管轄区域(ライセンシーの住所に最も近い管轄区域)で実施される、拘束力を有し、秘密の仲裁によって、最終的に解決されるものとします。仲裁手続は英語で実施され、あらゆる文書は英語で作成および提出されるものとします。仲裁人の裁定は最終的なものとなり、両当事者を拘束します。また管轄を有するいずれの裁判所においても、仲裁裁定に関する判決を受け、執行が可能となります。国際物品売買契約に関する国連条約は、本契約には適用されません。請求または防御の対象となったある点について主張が認められた当事者は、当該主張が認められた請求または防御に関連する合理的な手続費用を回収する権利を有し、当該当事者が支払うべき費用および裁定額があれば、それと相殺されるものとします。上記にかかわらず、ゲッティイメージズが、訴訟が必要または望ましいと判断した場合、ライセンシーに対する差止またはその他の救済を得るため、ゲッティイメージズは管轄裁判所においてコモンロー上や衡平法上の訴訟または手続きを開始し法的救済を求める権利を有するものとします。両当事者は、遵守すべき他の時効規定にかかわらず、あらゆる仲裁手続は、訴因たる行為、事象、または事実の発生から2年以内に開始しなければならないことに同意するものとします。
11.6可分性。 本契約の1つまたは複数の条項が、何らかの点において無効、違法または強制不能であると認定された場合であっても、その他の条項の有効性、適法性および強制力には影響を及ぼさないものとします。当該条項は、それらの条項の強制を可能とするために必要な範囲に限り、修正されるものとします。
11.7権利放棄。 書面による明示的な権利放棄が行われない限り、いずれの当事者のいかなる行為も、本契約のいずれかの条項の権利放棄と解釈されるものではありません。いずれかの当事者の権利または救済手段の行使の遅延は、当該権利または救済手段の放棄とはならず、権利または救済手段を1回または部分的に行使したことにより、当該権利または救済手段の再度あるいは以後の行使を妨げることはありません。権利または救済手段を特定の機会に放棄したことにより、その他の機会における権利または救済手段の阻却事由または放棄と解釈されないものとします。
11.8完全合意。 本契約は、ゲッティイメージズの事業者である顧客を対象としており、ライセンス契約のあらゆる条項が含まれています。書面によることなく、両当事者の正当な権限を有する代表者が書面で承諾しない限り、またはゲッティイメージズが電子的に発行したものをライセンシーの正当な代表者が書面で承諾しない限り、いかなる条項または条件も追加したり削除したりすることはできません。本契約の条項とライセンシーからの注文書に記載される条項に矛盾がある場合は、本契約の条項が優先します。
11.9税金。 全てのライセンス料は、適用される売上税、使用税、源泉徴収税、またはその他の取引税を除く金額であり、これらの税金についてはライセンシーまたは購入者(該当する場合)が単独で支払う責任を負うものとしま。
11.10ゲッティ イメージズのライセンス会社。 本契約に基づくライセンサーが以下に列挙されているいずれの会社となるかは、ライセンシーまたは購入者(存在する場合)の請求先住所によって決定されます。
ライセンシー/購入者の所在地:ライセンサーとなるゲッティイメージズの各社(所在地):
米国ゲッティイメージズ 米国支社
スペインゲッティイメージズ セールス スペイン
ポルトガルゲッティイメージズ セールス ポルトガル
オーストラリアゲッティイメージズ セールス オーストラリア
ニュージーランドゲッティイメージズ セールス ニュージーランド
マレーシアゲッティイメージズ マレーシア支社
タイゲッティイメージズ タイ支社
香港ゲッティイメージズ セールス香港
シンガポールゲッティイメージズ セールス シンガポール
インドゲッティイメージズ メディア インド
日本ゲッティ・イメージズ・セールス・ ジャパン合同会社
アラブ首長国連邦、バーレーン、ヨルダン、クェート、レバノン、オマーン、カタール、サウジアラビア、イエメンゲッティイメージズ中東 FZ LLC(アラブ首長国連邦)
トルコゲッティイメージズ メディアサービス株式会社トルコ (トルコ)
その他の国ゲッティイメージズ インターナショナル(アイルランド)


©2015 Getty Images. 無断転載禁止。

ゲッティイメージズ・ロイヤリティフリー静止画・動画ライセンス契約条項

このゲッティイメージズ・ロイヤリティフリー静止画・動画ライセンス契約条項(以下「本契約」といいます。)は、ゲッティ・イメージズ・セールス・ジャパン合同会社(以下「ゲッティイメージズ」といいます。)がロイヤリティフリーの静止画又は動画を日本に所在するお客様(以下「ライセンシー」といいます。)にライセンスする場合に適用される場合の条項です。本契約は、ゲッティイメージズの判断により、随時変更される場合があります。修正された契約がゲッティイメージズのウェブ上に掲載された場合、その後取得される全てのライセンスには、修正後の契約が適用されます。

最終更新日: 2015年3月

1. 定義。 本契約では、以下の定義が適用されます。
1.1「請求書」とは、ゲッティイメージズがライセンスの対象となる本ライセンス対象物を特定し、かつ、これに対するライセンス料を記載して発行する書面又は電磁的記録です。また、ライセンス対象物の使用等に関する制限等の情報も請求書に記載されます。請求書は、本契約条項と共に、本ライセンス対象物に関し、ライセンシーが取得したライセンスに関する個別契約となります。
1.2「ライセンス対象物」とは、本契約の条項に基づきゲッティイメージズがライセンシーにライセンスを付与する静止画、動画またはビデオ映像、オーディオ作品、その他の視覚的表現物を意味します。ライセンシー(または購入者)がライセンス取得を望み、ゲッティイメージズがこれを承諾した対象のライセンス対象物を「本ライセンス対象物」といいます。
1.3「ライセンシー」とは、本契約によって拘束される、本ライセンス対象物のライセンスの「ライセンス先」に記載された個人又は法人や団体を意味します。 同じグループ会社であっても、法人格が違う場合は本契約におけるライセンシーとはみなされず、予定する使用方法に相当するライセンスを別途取得しなければなりません。
1.4「ライセンシー作品」とは、本ライセンス対象物の二次的著作物として、ライセンシーが自ら創作する最終製品又はサービスを意味します(ライセンシーのために誰かに作らせる場合を含みます)。
1.5「画像操作者」とは、ライセンシーの従業員または業務受託者であって、ライセンシー作品を作成するために、直接、本ライセンス対象物を扱う者を意味します。
1.6「購入者」とは、本ライセンス対象物のライセンス取得に関し、ライセンシーの代理となり、本ライセンス契約を締結する個人又は団体を意味します。購入者として行動することにより、購入者は、本契約の締結に関して、ライセンシーの代理人として行為する権利及び権限を付与されていることを表明し、保証するものとします。又、購入者は、ライセンシーが本契約において負う義務の全てをライセンシーと連帯して保証するものとします。
1.7「リリース」とは、ライセンス対象物に写っている人物の肖像やプロパティ(例えば、個人宅、事業所、著作物など)の画像を商業的に利用することに対する、当該人物やプロパティの所有者等による許諾を意味します(商業的利用とは、何らかの製品・サービスを広告し、宣伝する目的での利用を意味します)。
1.8「利用」とは、複製、変更、改変、二次的著作物を作成することを含め、いかなる態様であるかを問わず、本ライセンス対象物の全部または一部を利用することを意味します。

2. 権利付与。
2.1本契約の制限の範囲内で、ゲッティイメージズは、ライセンシーに対し、本ライセンス対象物を利用するための永続的、非独占的かつ世界的なライセンスを付与します。
2.2ライセンシーは、本ライセンス対象物をあらゆる目的のために媒体を問わず、回数無制限で利用することができます。ただし、本契約3条及び4条に規定されている利用については、同条項の制限に従う必要があります。
2.3ライセンシーは、10名までの画像操作者に本ライセンス対象物を扱わせることができます。10名を超える画像操作者が必要な場合、ライセンシーは、実際に画像を操作する者が増加するに先立ち、追加のライセンス料を払って増員のためのシートライセンスを取得しなければなりません。
2.4ライセンシーは、ライセンシー作品の作成の業務を受託する業務受託者に本ライセンス対象物を利用させることができます。ただし、業務受託者に、画像操作者の人数制限も含め、本契約におけるライセンシーの義務を遵守させることが条件となります。業務受託者による本契約の違反は、ライセンシーの違反とみなされます。
2.5ライセンシーは、本契約に基づき付与されたライセンスを譲渡し、または、サブライセンスしてはなりません。

3. 追加ライセンスが必要な場合。 ライセンシーは、本ライセンス対象物を以下の態様で利用する場合はゲッティイメージズから特別ライセンスを取得しなければなりません。特別ライセンスを取得したい場合、ライセンシーは、ゲッティイメージズの営業担当にご連絡し、適切な追加ライセンス料をお支払いいただく必要があります。
(1) 本ライセンス対象物を(デジタル形式/アナログ形式を問わず)テンプレートに利用すること。 「テンプレート」とは、それ自体は、ライセンシー作品を組み込んだレイアウト又はフレームであって、エンドユーザーがこれを操作又は処理することにより、独自のアイテムを作り又はカスタマイズすることのできる製品又はそれを提供するサービスを意味します。 例)ホームページテンプレートなどのデザインテンプレートアプリケーションやオンラインサービス;名入り カレンダー;年賀状・挨拶状などのオンライングリーティングサービス;カタログデザイン など
(2) 本ライセンス対象物を(デジタル形式/アナログ形式を問わず)オンデマンド製品の作成・販売のために利用すること。「オンデマンド製品」とは、第三者に対してライセンス対象物が表示され、当該第三者がこれを選択し、カスタマイズする販売用の製品またはそれを提供するサービスを意味します。 例)自分が選んだ写真をプリントできるT-シャツ;自分が選んだ写真をプリントできるカレンダー;自分が選んだ画像で作成されたオンライン販売しているスクリーンセーバー、壁紙(携帯電話用を含む) など
(3) 本ライセンス対象物をロゴ、CI、商標又はサービスマークに使うこと。

4. 禁止事項。
4.1 ライセンシーは、本ライセンス対象物を次のような方法で利用することはできません。
(1) 本ライセンス対象物を下記のいずれかの態様で利用すること。
(i) わいせつ、名誉毀損その他違法な目的。
(ii) 反社会的勢力の支援を含め、公序良俗に反する態様。
(iii) 性産業、露骨な性描写のため(直接的か、他の題材との組み合わせによるかを問いません)。
(2) 本ライセンス対象物を下記のいずれかの態様で利用すること。
(i) 本ライセンス対象物に描写されたモデルまたは物の評価・信用を毀損するような態様。
(ii) 本ライセンス対象物に描写されたモデルまたは物が他の団体、事業者又はサービスと提携その他の特別  な関係があると他者に誤解させるような態様。
(iii) 本ライセンス対象物に描写されたモデルが、特定の宗教や政党に関与しているか支持していると誤解さ  せるような態様。
(3) 画像操作者以外の第三者に、本ライセンス対象物を譲渡し、貸与し、サブライセンスし、または他の態様での利用を許すこと。ただし、完成したライセンシー作品を第三者に提供すること自体は、本項の違反にはなりません。
(4) ライセンス対象物を以下のような状態にすること
(i) ライセンス対象物を(ライセンシー作品とは別に)何らかの媒体において、権限のある画像操作者でない者が使える状態にすること
(ii) (ii) 権限のある画像操作者でない者がライセンス対象物を独立したファイルとして抽出又はアクセスできるような媒体又は態様で、ライセンシー作品を使える状態にすること。
なお、ライセンシー作品をウェブサイト上で利用する場合、ライセンシーは、本ライセンス対象物そのものの単独のファイルとしてのダウンロード、複製、再送信、公衆送信、その他の利用が禁じられていることを内容とする利用規約をウェブサイト上に掲載する必要があります。
(5) 本ライセンス対象物の本質的部分を利用した二次的著作物につき、ライセンシーがそのオリジナルの創作者であると誤った示唆をするような態様で本ライセンス対象物を利用すること。
(6) 「報道/編集用途」と記載されているライセンス対象物は、商業、販売促進、広報、宣伝を目的として、または商品として使用することはできません。なお、本契約における「報道/編集用途」とは、ニュース性を有する出来事または公共の関心対象である出来事に関連する使用を意味します。
4.2 SNSなどのソーシャルメディアまたは他の第三者のウェブサイトでライセンス対象物を利用する場合において、当該第三者のウェブサイトが予定している同サイト上のコンテンツの利用方法が本契約の規定に反するときは、本契約により付与されたライセンスは自動的に失効するものとし、ライセンシーは、以後、本ライセンス対象物を利用してはなりません。

5. 支払い。
5.1ライセンシーは、本ライセンス対象物のライセンスを取得するためのライセンス料を、当社の定める方法に従い請求書の定める期日までに支払わなければなりません。
5.2ライセンシーが期日までにライセンス料の支払いをしなかった場合、ライセンシーは、全額の支払いがされるまで、月額1.5%又は法令で認められる利率がそれより低い場合はその利率による遅延損害金を支払わなければなりません。
5.3ライセンシーは、ゲッティイメージにおけるアカウントに登録した電子メールアドレス宛に、ゲッティイメージズが電子的に請求書を送付することに同意するものとします。

6. 知的財産権。
6.1ライセンシーに付与される権利は、本契約において明示的に規定された権利に限られます。本ライセンス対象物に関するその他の権利は、所有権、著作権、商標権に関する権利を含め、ライセンシーに移転され又は付与されることはありません。ライセンシーは、ライセンシー作品に含まれている本ライセンス対象物の機械複写、デジタル複写又は他の二次的利用に関連した料金徴収団体の収入に関し、権利を主張することはできません。
6.2本ライセンス対象物がオーディオ/ヴィジュアル製品で利用される場合で、他のコンテンツプロバイダーに対するクレジットが付される場合、ライセンシーは、技術的に可能な範囲で、他のコンテンツプロバイダーのクレジットと同等の大きさ及び場所に、概ね以下のようなクレジットを付するものとします。「[ビデオ][イメージ]は、[コレクション名]/ゲッティイメージズから提供されています」なお、オーディオ/ヴィジュアル製品とは、静止画又は動画がナレーションや音楽等の音声と共に含まれるライセンシー作品を意味し、例えば、音楽付のスライドショーやテレビ放送番組などがこれに当たります。
6.3本ライセンス対象物が、報道・編集的利用態様で利用される場合、ライセンシーは、以下のクレジット又はその他ゲッティイメージズのウェブサイトに記載されたクレジットを付するものとします。「報道・編集的利用態様」とは、時事又は公衆の関心の対象となる事象を描写するための利用を意味します。
6.4「ゲッティイメージズ」、またはライセンス対象物のコレクションの名称を含め、ゲッティイメージズ、そのパートナーの商号、商標、ロゴまたはサービスマーク(以下総称して「本マーク」)の使用に関し、ライセンシーは、以下のすべてに同意するものとします。
(1) 本マークは、現在ゲッティイメージズ及びそのパートナーの財産であり、将来もそうであること
(2) 本契約に基づくクレジット表示の義務を果たすために必要とされる場合を除き、本マークの使用に関する権利はライセンシーに付与されないこと
(3) 本マーク及びライセンシーがこれを利用したことにより生じた信用、利益又は財産的価値は、ゲッティイメージズ及び/又はそのパートナーにのみ帰属すること

7. 保証。
7.1ゲッティイメージズは以下を保証します。
(1)  引渡から30日の間、本ライセンス対象物に瑕疵が存在しないこと(デジタルファイル又は物理的媒体に関する瑕疵を含みます)。本保証の違反の場合にゲッティイメージズがライセンシーに対して負う責任は、当該期間中に当該ライセンス対象物の交換(ファイル又は媒体の交換を含みます)のみであり、他の責任は負担しません。
(2)  
(i)   ゲッティイメージズが、本契約を締結し履行するために必要な全ての権利及び権限を有していること。
(ii) ライセンシーが本契約にしたがって本ライセンス対象物を利用する場合は、以下の権利を侵害しないこと
(A)第三者の著作権及び著作者人格権
(B)商標権その他の知的財産権を侵害しないこと(「報道/編集用途」との記載があるライセンス対象物を除く)。
ただし、本号の保証は、ライセンシーが自ら(ライセンシーのために第三者にさせる場合を含む。以下同じ)本ライセンス対象物を修正し、改変し、その他変更した部分から生じる請求等には及びません。
(3) 本ライセンス対象物を認められた用途に利用するために必要と思われるモデルリリース、プロパティリリースは取得済みであり、したがって、本契約にしたがってライセンシーが本ライセンス対象物を利用しても他者のプライバシー権やパブリシティ権は侵害しないこと(「報道/編集用途」との記載があるライセンス対象物を除く)。ただし、本号の保証は、本ライセンス対象物についての修正、改変、変更、又は団体協約の締結の結果生じるライセンシーの義務など、ライセンシーが自ら行った行為の結果生じる侵害または違反については、対象になりません。ライセンシーは、「報道/編集用途」との記載があるライセンス対象物に関しては、リリースが取得されておらず、特定の法域では、リリースがない場合、人物の画像・肖像または財産(プロパティ)の一定の利用に関し、これらの権利者に法的保護が与えられる場合があることを認識し、了承するものとします。「報道/編集用途」と記載されたライセンス対象物に関しては、ゲッティイメージズは、ライセンス対象物に描写された名称、人物、商標、トレードドレス、ロゴ、登録された意匠又は美術品、及び建築物につき、何ら権利を許諾せず、かつ、その利用に関して何らの保証をも行いません。「報道/編集用途」と記載されたライセンス対象物を利用する場合は、意図する利用方法に関連してリリースが必要か否かを決定すること、及び、必要なリリースを取得することは、ライセンシーのみの責任であり、必要なリリースを取得しなかったことによる責任は、全てライセンシーが単独で負うものとします。
7.2ゲッティイメージズの保証は、本契約に明示的に規定したものに限られます。ゲッティイメージズは、本ライセンス対象物及びその引渡しのシステムに関し、商品性又は特定目的への適合性への黙示の保証、利用が可能であること、画像配信システムがダウンしないことなどを含め、本契約に明示されたもの以外は保証しません。

8. 補償。
8.1上記第7.1条(2)及び(3)に記載された保証の違反の場合に、ゲッティイメージズがライセンシーに対して負担する責任は、以下に規定するゲッティイメージズの補償義務のみであり、ライセンシーはゲッティイメージズに対し、他の責任を追及することはできません。ゲッティイメージズは、本ライセンス対象物が本契約にしたがって利用され、かつ、ライセンシーが本契約に違反していない場合のみに、ライセンシーに対して前記の補償義務を負担します。ゲッティイメージズの補償義務とは、ゲッティイメージズが7.1条(2)及び(3)に記載された保証の違反(その旨主張された場合を含みます)に関連して第三者から請求がされた場合(以下「本請求等」)、本請求等から生じる一切の損害、責任及び費用(合理的な外部の弁護士費用を含みます)について、ライセンシー、その親会社、子会社、関連会社、及びそれぞれの役員、取締役、従業員を防御し、補償し、免責するものです。本項のみが、本契約におけるゲッティイメージズの補償義務を規定しており、ゲッティイメージズは他の補償義務を負いません。 なお、本請求等が下記のいずれかに起因した場合には、ゲッティイメージズは、本8,1条に基づく義務を負いません。
(i)  ライセンシーによる本ライセンス対象物の修正その他の変更(当該変更がなければ本請求等が生じなかったであろう場合です)
(ii)  ライセンシーがライセンシー作品に本ライセンス対象物を使った態様(そのような使われ方がされなければ、本請求等が生じなかったであろう場合です)
(iii) ライセンシーが「報道/編集用途」と記載のあるライセンス対象物に関し、必要なリリースを取得しなかった場合
(iv) ライセンシーによる本契約の違反
8.2ライセンシーは、下記第8.3条に従い、次の補償義務を負います。ライセンシーの補償義務とは、ライセンシーがライセンス対象物をライセンスの範囲外で使ったこと、又はその他ライセンシーが本契約の条項に違反したこと(その旨主張された場合を含みます)に関連して第三者から請求がされた場合、その請求等から生じる一切の損害、責任及び費用(合理的な外部の弁護士費用を含みます)について、ゲッティイメージズ、その親会社、子会社、関連会社、コンテンツプロバイダー、ライセンサー、及びそれぞれの役員、取締役、従業員を防御し、補償し、免責するものです。
8.3本8条に従って補償義務の履行を要求する当事者(以下「補償要求当事者」といいます)は、当該請求があった場合、その旨を速やかに補償義務を負う当事者(以下「補償当事者」といいます)に通知するものとします。補償当事者は、自らの選択により、請求または訴訟の処理、和解、あるいは防御を引き受けることができますが、補償要求当事者は当該請求または訴訟において協力するものとします。補償要求当事者は、自ら選択した弁護士により、自己の費用負担において、訴訟に参加する権利を有するものとします。補償当事者は、補償の対象となる請求について他方当事者が通知をする前に生じた訴訟費用およびその他の費用を補償する責任を負いません。

9. 免責事項及び責任の制限。
9.1ゲッティイメージズは、正確な情報を提供するための努力をしていますが、ライセンス対象物、これに関連したキャプション、キーワード、説明に関する情報(色及び向きを含みます)の正確性、完全性、最新性は保証しません。ライセンシーは、かかる情報の正確性、完全性、最新性について自ら判断する責任を負っており、ゲッティイメージズは、これに関し、いかなる請求原因に基づくものであっても責任を負いません。
9.2ライセンシーは、ライセンス対象物の引渡後30日以内に、本ライセンス対象物を利用する前に、本ライセンス対象物(そのデジタルファイル又は物理的媒体を含みます)にウィルス・有害プログラムの混入などの瑕疵の有無を検査するものとします。上記7.1条(1)に規定されている場合を除き、本ライセンス対象物、そのファイル又は媒体に関する瑕疵(そう主張される場合を含みます)により、ライセンシー又は第三者が被った損失又は損害に関し、直接か間接かを問わず、ゲッティイメージズは、一切責任を負いません。
9.3ライセンシーは、本契約第12.2条(撤回)を遵守する義務を負います。ゲッティイメージズは、ライセンシーが12.2条(撤回)を遵守しなかったことから生じる損失、損害及び請求に関し、一切責任を負いません。
9.4ゲッティイメージズは、ライセンシー及び他の者に対し、本契約に関連する懲罰的損害、特別損害、間接損害、派生的損害、付随的損害又は他の類似の損害、費用、損失に関する責任を負いません。これは、ゲッティイメージズが、かかる損害の発生の可能性が告知を受け、又はこれを知る可能性があった場合でも同様です。
9.5ゲッティイメージズのライセンシーに対する本ライセンス対象物に関する責任は、請求の原因が何であるかにかかわらず、本契約において、明示的に規定されているものに限定され、ゲッティイメージズは他の責任を負いません。ゲッティイメージズは、ライセンシーが本ライセンス対象物に加えた変更、ライセンシー作品における本ライセンス対象物の使われ方の結果、またはライセンシーが本契約に違反した結果として、ライセンシーに生じた損害、費用及び損失に関し、一切責任を負いません。

10. 終了。
10.1ライセンシーは、本ライセンス対象物に関するライセンスを取得した場合、サイズの差し替えその他自らの都合によってキャンセルすることはできません。
10.2ゲッティイメージズは、以下のいずれかの場合に、ライセンシーが通知した連絡先に書面で通知することにより、何らの責任なくして、ライセンシーに対して本契約に基づいて付与したライセンスを終了させる権利を有します。
(1) ゲッティイメージズが指定した期日までにライセンス料を全額支払わず、かつ、ゲッティイメージズからの支払いの催告により指定された合理期間内に支払いをしない場合
(2) ライセンシーがその他本契約に違反した場合
10.3付与されたライセンスが終了した場合、ライセンシーは直ちに以下の全ての行為を行わなければなりません。
(1) 本ライセンス対象物を使うのを止めること
(2) 本ライセンス対象物及びその物理的媒体を破棄するか、ゲッティイメージズの求めに応じゲッティイメージズに返還すること
(3) ライセンシーが保有しまたは支配しているライセンシー作品も破棄すること。

11. ライセンシーの違反に対するゲッティイメージズの救済手段。
11.1ゲッティイメージズは、ライセンシーによるライセンス対象物の不正な利用又は他の違反につき、該当するライセンス対象物のゲッティイメージズの標準的なライセンス料の最大で3倍に相当する額を損害賠償の予定額として請求する権利を有します。
11.2ゲッティイメージズは、ライセンシーによる本契約の違反の場合、ライセンシーに対し本ライセンス対象物を使うこと又はライセンシー作品を使い又は頒布することを請求するなどの差止請求を含め、ライセンシーに対し、本契約を強制する権利を有します。

12. ライセンシーの義務。
12.1通知。 ライセンシーは、第三者がライセンシーを通じて本ライセンス対象物へアクセスした第三者が本ライセンス対の全部又は一部を不正に使っていること(その可能性を含む)に気づいた場合、その旨を直ちにゲッティイメージズに対して知らせなければなりません。
12.2撤回。 ゲッティイメージズがライセンシーに付与したライセンスの対象である本ライセンス対象物が他者の権利を侵害した旨の請求の対象となり得ることにつき、ゲッティイメージズから通知があるか、ライセンシーが気づいた場合、ライセンシーは直ちに自己の費用において、ゲッティイメージズの次のような要求をすべて遵守しなければなりません。この場合、ゲッティイメージズは、ライセンシーに対し、無償で、問題となった本ライセンス対象物と同等のライセンス対象物を、元のライセンス対象物と同じライセンス条件で提供します。ただし、同等か否かについては、ゲッティイメージズが自らの商業的に合理的な判断により決定します。
(i) 本ライセンス対象物を使うのを止めること
(ii) 本ライセンス対象物を自己の施設、コンピュータシステム及びストレージ(業務受託者のそれらを含む)から消去・除去すること
(iii) 当該本ライセンス対象物を使ったライセンシー作品であって自己の保有又は支配下にあるものにつき、さらなる頒布を行わないこと
(iv) ライセンシーがそのクライアントのためにライセンシー作品を作成している場合、かかるクライアントにも上記を遵守させること
12.3監査。 ライセンシーは、ゲッティイメージズに対し、合理的な通知に基づき、ライセンシー作品等本ライセンス対象物の使われているサンプルを提供するものとし、また、本ライセンス対象物が利用されている場所が有料又はその他の制限があるウェブサイトやプラットフォームである場合には、無料でのアクセス権限を付与するものとます。さらにゲッティイメージズは、合理的な通知の上、自己の裁量により、自社の従業員または第三者を通じて、本契約の条項の遵守を確認するために、本契約およびライセンス対象物の使用に直接関連するライセンシーの記録を監査することができます。監査の対象となった期間中に5%以上の金額がゲッティイメージズに対して過少支払いされたことが明らかになった場合、ライセンシーはゲッティイメージズに未払い分を支払い、さらに監査費用も償還するものとします。
12.4電子的保存。 電子形式によってライセンシーに引き渡された全てのライセンス対象物について、ライセンシーは著作権表示、ゲッティイメージズの名称、およびライセンス対象物識別番号やその他の情報を、オリジナルのライセンス対象物を含む電子ファイルの一部として保持しなければなりません。ライセンシーは、第三者がライセンス対象物に対して不正にアクセスできないように、強固なファイアウォールを維持するものとします。

13. 般条項。
13.1可分性。 本契約の一部の条項が何らかの理由により、違法または強制不能とされた場合であっても、その他の条項は影響を受けず、依然として有効なものとします。いずれかの当事者が権利を行使しなかった場合であっても、それはかかる権利の放棄とはなりませんし、他の機会での権利行使をしないことを意味するものではありません。
13.2完全合意。 本契約は、ゲッティイメージズの事業者である顧客を対象としており、ライセンス契約のあらゆる条項が含まれています。両当事者の正当な権限を有する代表者が書面で承諾するか、またはゲッティイメージズが電子的に発行したものをライセンシーの正当な代表者が書面で承諾しない限り、本契約の条項の削除や追加はできません。 本契約の条項とライセンシーからの注文書または通信に記載される条項との間に矛盾がある場合は、本契約の条項が優先します。
13.3権利放棄。 書面により明示されない限り、いずれの当事者のいかなる行為も、本契約に関する何らかの権利を放棄したものとは解釈されません。 いずれかの当事者が権利又は救済手段を遅滞なく行使しなかったとしても、それは、当該権利または救済手段を放棄したことにはなりませんし、部分的な行使により、その余の権利等の行使が妨げられることもありません。また、権利等を一度放棄したからと言って、他の機会においても同様に権利等を放棄したと解釈されることもありません。
13.4準拠法と紛争解決。 本契約は、日本国の法律に準拠します。本契約及び両当事者間の事業関係に関する紛争は、東京地方裁判所が第一審の専属的な合意管轄裁判所となります。両当事者は、法による期間の制限にかかわらず、当該請求の原因となる事象が生じたときから2年以内に訴訟手続きを開始しなければならないことに合意します。

©2015 Getty Images. 無断転載禁止。

ゲッティ イメージズ カンプファイル、ムービープレビューライセンス契約

本契約は、お客様(「ライセンシー」)とゲッティ イメージズの子会社(「ゲッティ イメージズ」)の間で締結される法的契約です。 本契約は、ウェブおよび地区営業担当者を通じて付与されるライセンスに適用され、ライセンス対象物のオンライン、デジタルおよびアナログ(物理的方法)による引き渡しにも適用されます。(「契約」)

1. ライセンスの付与 ゲッティ イメージズは、お客様が選択したイメージおよびムービープレビューファイルおよびその派生物またはコピー(以下総称して「ライセンス対象物」)を、パーソナルコンピュータで使用するための、またはムービーの場合は、テスト、サンプル、カンプ、ラフカットといったプレゼンテーション素材で使用するための、非独占的、サブライセンス不能、および譲渡不能な30日間に及ぶ権利を付与します。 ライセンス対象物は、カンプおよびレイアウトを含む、個人用、非商用、テスト用またはサンプル用の制作物にのみ使用することができます。

2. 制限
2.1ライセンス対象物は、宣伝およびマーケティング用制作物、オンライン配信システム、その他の電子的な配布システムを含むがこれらに限定されない、ライセンシーの社内で配布されるいかなる最終制作物にも、社外または一般に配布されるいかなる制作物にも使用することはできません(ただしカンプをデジタル的手段または電子的手段で顧客にレビュー用に送ることは可能)。また、ライセンス対象物の配布やサブライセンス付与を行ったり、イメージを分割的にまたは単独で使用または配布できるようにしたりすることはできず、ライセンス対象物に権利が付与されることは一切ありません。
2.2バックアップのみの目的のために、ライセンス対象物のコピーを1部作成することができます。ただしそのコピーを使用できるのは、ライセンス対象物の原本に欠陥が生じた場合、それが破壊された場合、またはそれが修復不能な状態まで損傷を受けた場合に限ります。 本契約に明記されている場合を除き、ライセンス対象物を、ディスクライブラリ、イメージ保存ジュークボックス、ネットワーク構成または同様の手段などによって共有またはコピーすることはできません。 中傷、ポルノ、その他違法性のある目的でライセンス対象物を使用することは、禁じられています。 人物を使用したライセンス対象物が、(i) その人物による製品やサービスの保証、使用、またはそれらとその人物との関連性を暗示するような形態で使用された場合、あるいは(ii) 潜在的に好ましくない題材または論議を呼ぶ題材に使用された場合、ライセンシーは、その人物が単なるモデルであり、例示目的のみに使用されているという旨を示す説明を印刷しなくてはなりません。

3. ライツマネージ静止画料 ライツマネージ静止画の場合に限り、30日以内に最終プロジェクトでの最終用途のためにライセンスを取得しなかった場合は、150米ドルまたはそれに相当する現地通貨のカンプサービス料が請求されます。現地通貨の金額は、ゲッティ イメージズが必要なときに指定するものとします。 30日間のカンプライセンス期間内に最終プロジェクトでの最終用途のためにライツマネージ静止画のライセンスを取得し、その後当該ライツマネージ静止画のライセンスを取り消さなかった場合は、カンプサービス料は発生しません。 カンプサービス料の支払いは、30日間のカンプライセンス期間にカンプ目的で使用することのみに対して発生するものであり、30日間の満了の前後を問わず、ライセンシーにその他の目的でライセンス対象物を使用する権利を付与するものではありません。

4. ムービーアクセス料 ムービーライセンス対象物のダウンロード時には、150米ドルまたはそれに相当する現地通貨のアクセスサービス料(払い戻し不可)が請求されます。現地通貨の金額は、ゲッティ イメージズが必要なときに指定するものとします。

5. 追加の権利 本契約に基づいて付与される使用権が不明な場合や、本契約で許可されていない方法でイメージを使用することを希望している場合(オンラインでの使用や広告または製品の一部としての使用など)は、ゲッティ イメージズのオフィスへお問い合わせください。

6. 保証 ゲッティ イメージズは、ライセンシーがダウンロードの方法で入手したライセンス対象物のデジタルコピーについて、その素材および仕上がりに欠陥がないことを、引き渡しから30日間保証します。 上記の保証の不履行に対する唯一かつ排他的な救済手段は、ライセンス対象物のデジタルコピーの交換に限定されます。 ゲッティ イメージズは、明示的か黙示的かを問わず、他の一切の保証(商品性および特定の目的に対する適合性に関する黙示的な保証を含むがこれに限定されない)を行いません。 州や裁判管轄区域によっては、黙示的保証の除外が認められていない場合があります。この場合、ライセンシーに州または裁判管轄区域に応じて上記以外の異なる権利が与えられることがあります。 ゲッティ イメージズおよびそのイメージパートナーは、本ライセンスまたはその他に起因するあらゆる一般的損害、特別損害、直接的損害、間接的損害、派生的損害、偶発的損害、またはその他の損害について、ライセンシーまたはその他の個人や団体に対し一切の責任を負わないものとします。

7. 総則 ライセンス対象物に関する全ての権利は、ゲッティ イメージズおよび/またはそのイメージパートナーが保有し、米国著作権法、国際条約の規定、その他の適用法により保護されます。 ゲッティ イメージズおよびそのイメージパートナーは、本契約で明示的に付与されていない全ての権利を保有します。 本契約に含まれるライセンスは、30日間のカンプライセンス期間の満了後、またはライセンシーが本契約の規定への遵守を怠った場合は、ゲッティ イメージズからの通知なしに自動的に解除されます。 ライセンスの解除にあたり、ライセンシーは直ちにライセンス対象物の使用を停止し、デジタル形式のライセンス対象物を破棄するか、ライセンス対象物およびその全コピーをゲッティ イメージズに返却する義務があります。

ゲッティイメージズ 音楽ライセンス契約


これは、ライセンシーとゲッティイメージズ インクの子会社(以下「ゲッティイメージズ」)の間で締結される法的契約(以下「本契約」)です。 下記第12.9項に記載されているゲッティイメージズの関連会社が、ライセンシーと本契約を締結する当事者(以下「ゲッティイメージズ」)です。 本契約は、ウェブおよび地区営業担当者を通じて付与されるライセンスに適用され、ライセンス対象物のオンライン、デジタル、およびアナログ(物理的方法)による引き渡しにも適用されます。 ライセンシーおよび購入者(該当する場合)は、本ライセンスの注文により、所在地の法律に基づく契約締結能⼒を有する者であることを認めたこととなります。

最終更新日: 2014年6月

1. 定義。 本契約では、以下の定義が適用されます。
1.1 「オーディオ製品」とは、既知または今後開発され得るあらゆる形式またはメディア(コンパクトディスク(以下「CD」)、カセット、レコード盤、ダウンロード可能なデジタルデータ等が含まれますが、これらに限定されません)を用いて、ライセンス対象物を単独でまたは他の音楽のみと収録しているあらゆる製品を意味します。
1.2 「違反」とは、本契約規定された、あらゆる表明、保証、誓約、または合意に反すること、あるいはこれらを遵守しないことを意味します。
1.3 「放送」とは、同期済みライセンス対象物を、演奏、テレビ放送、放送、伝送、ストリーミング、発表、または配布すること、または第三者にこれらの行為を許すことを意味します。
1.4 「著作権管理協会等」とは、音楽出版社、作曲家、および演奏者に代わってロイヤリティ又は類似の報酬の支払いを徴収および管理する、演奏権、録音権、または他の権利に関する団体(ASCAP、BMI、SESAC、SOCAN、SACEM、MCPS、PRS、PPL、GEMA、GVL、SGAE、AIE等)を意味します。
1.5 「コピー」とは、ライセンシー作品を放送する目的に限り、ライセンシー作品を複製、又はその他コピーを作成することを意味します。
1.6 「編集」とは、マスターの編集、ループ、強調、または改変など、ライセンシーがマスターの(全部ではなく)一部を使用することを意味します。ただし、そのような変更が、(i)使用するマスターの該当部分の基本的な特徴を変えず、(ii)編集済みの録音または楽曲に対する所有権や主張(著作権を含みます)がライセンシーの側に生じないことを条件とします。
1.7 「ライセンス対象物」とは、サウンドレコーディング(以下「マスター」)及びマスターに化体した楽曲(歌詞を含みます)(以下「対象楽曲」)であって、本契約に基づきゲッティイメージズがライセンス提供に供し、ライセンシーがその使用を選択したものを意味します(なお以下においては、選択されたマスターと対象楽曲を総称して「ライセンス対象物」といいます)。 本契約における「ライセンス対象物」とは、ライセンス対象物の各部分を意味すると同時に、ライセンス対象物の総称としての意味を有します。
1.8 「ライセンシー」とは、本契約に基づきライセンスを購入する個人または組織を意味します。また、購入手続き中、または請求書に明示されている場合は、代理人が同者のためにライセンスを購入した個人または組織です。
1.9 「ライセンシー作品」とは、同期済みライセンス対象物が含まれている制作物、プログラム、またはその他のプロジェクトを意味します。
1.10 「メディア」とは、権利制限条項に別段の定めがない限り、既知または今後開発され得るあらゆるメディアを意味します。
1.11 「購入者」とは、本契約に基づきライセンシーに代わり、ライセンスを購入する組織(該当する場合)を意味します。
1.12 「権利制限条項」とは、ライセンス対象物の選択時にライセンシーに提供される、次のいずれかの情報を意味します。 (i) ライセンス対象物がライセンス用に提供されているウェブサイト上(購入手続きに関連するあらゆるエリアを含みます)にあるライセンス対象物に付帯している情報。(ii) 請求書または注文受領書に記載された情報、(iii) その他ライセンス対象物に付随する書面による通信。 これらの「権利制限条項」には、選んだライセンス対象物に適用される、ライセンス対象物の説明、許される使用範囲、使用可能地域、またはその他使用制限に関する情報、ならびに当該ライセンス対象物のライセンスに相当するライセンス料(以下「ライセンス料」)が含まれますが、これらに限定されません。 「権利制限条項」は本契約の一部であり、「本契約」という場合は、全て、権利制限条項を含むものとします。
1.13 「RFライセンス対象物」とは、SoundExpress、Sound Effects by Getty Images、または権利制限条項にRFライセンス対象物として記載されているその他のロイヤリティフリー(または「RF」)音楽コレクションに含まれるあらゆるライセンス対象物を意味します。 「RMライセンス対象物」とは、RFライセンス対象物以外のあらゆるライセンス対象物を意味します。
1.14 「同期」とは、許諾用途と時間的な流れに関係してのみ、ライセンス対象物を組み合わせ、同期、アレンジ、録音、再録音、編曲、改変、または編集したりすることを意味します。
1.15 「同期済みライセンス対象物」とは、許諾用途と時間的な流れに関係してのみ、組み合わせ、同期、アレンジ、録音、再録音、編曲、改変、または編集したライセンス対象物を意味します。


2. ライセンス付与。 下記は本契約の条項によって規定されます。
2.1RFライセンス対象物。 ゲッティイメージズは、下記第3条で明示的に禁止している目的を除くあらゆる目的で、請求書に記載されているRFライセンス対象物を無制限に使用、編集、同期し、メディアで同期済みRFライセンス対象物をコピーおよび放送することを許諾内容とする、直接的かつ恒久的で、全世界にて行使できる、非独占的かつサブライセンスおよび譲渡が不能な権利(録音権および演奏権を含みますが、これは下記第6.2項の規定による場合のみです)をライセンシーに付与します。
2.2RMライセンス対象物。 ゲッティイメージズは、権利制限条項に記載されている用途、メディア、使用期間、地域、その他の制限、及び下記第3条に厳密に従い、請求書に記載されているRMライセンス対象物を使用、編集、同期し、メディアで同期済みRMライセンス対象物をコピーおよび放送することを許諾内容とする、非独占的かつサブライセンス付与および譲渡不能な権利を、ライセンシーに付与します。 ライセンシーは、権利制限条項に明記されている用途に用いるために必要な制作過程でライセンス対象物を使用できます。 ライセンシーは、ライセンシー作品を広告または宣伝するために、同期済みRMライセンス対象物をライセンシー作品の一部として(当初の用途の範囲内でのみ)使用することができますが、当該RMライセンス対象物を元の当該ライセンシー作品から分離して使用することはできません。 RMライセンス対象物をライセンシー作品から分離して使用するには、別途ライセンスが必要です。 なお、下記第5条に定められている通り、本契約に基づき付与される権利は、著作権管理協会等が保有する権利の影響を受けることがあります。
2.3 上述の許諾内容の権利は、ライセンシーの業務委託業者(購入者を含む)がライセンシー作品を作成するために行使することができますが、当該業務委託業者が本契約の条項を遵守することに同意することがその条件となります。 ライセンシーは、権利制限条項に定められている用途に必要または適切な配布プロセスの一環として行う場合に限り、ライセンシー作品(それに含まれているライセンス対象物は除きます)の使用を許諾し、および/または、その所有権を移転することができます。


3. ライセンスの制限。
3.1 ライセンシーは、(i) 第三者がライセンス対象物を単独のファイルとしてダウンロード、抽出、再配布し、又は当該対象物にアクセスすることを可能にするか促すような方法でライセンシー作品の提供、販売、使用許諾もしくは配布を行うこと、(ii)第三者による「コピー」を目的とした電子プレートにライセンス対象物を含めること(例えば、 エンドユーザーがサウンドトラックを作成できる製品もしくはサービスや、ライセンス対象物を含む製品を再販するシステム、または「自作」メディアツールなどにライセンス対象物を含めることなどもこれに当たります)、または(iii) 電子グリーティングカード、ボイスメール(留守番電話)の応答メッセージ、呼出し音、マルチメディアアルバムもしくはプレゼンテーション、その他同様のアイテムなどの、「オンデマンド」製品(第三者が選んだライセンス対象物を用いて発注ベースで制作されるオーダーメイド製品など)の販売、ライセンスもしくは他の方法による頒布を目的としたウェブサイトもしくは他の媒体で、ライセンス対象物を使用もしくは表示することができません。
3.2 本契約に含まれるいかなる条項も、オーディオ製品を制作、配布、または販売する権利をライセンシーに付与するものとはみなされません。
3.3 本契約に含まれるいかなる条項も、ライセンス対象物を、プログラムまたはその他の制作物のテーマソングとして使用する権利や、ライセンス対象物のタイトルまたは歌詞をライセンス対象物と切り離して使用する権利をライセンシーに付与するものとはみなされません。そのような使用は、ゲッティイメージズとの交渉を経て、ゲッティイメージズに追加料金を支払うことによってのみ、行うことができます。
3.4 ゲッティイメージズの書面による事前承諾を得ない限り、ライセンス対象物をロゴ、商標、またはサービスマークに組み入れることはできません。
3.5 ライセンス対象物を、直接的であるか、他の素材またはテーマとの関連性においてか、あるいはこれらと並置することによるかを問わず、卑猥、中傷、またはその他違法な目的に使用することは固く禁じられています。 また、ライセンシーは、関連する規則および/または業界規範を遵守するものとします。
3.6 ライセンス対象物は、権利制限条項に反して使用することはできません。
3.7 購入者がライセンシーに代わりライセンス対象物のライセンスを取得する場合、購入者は、(i) ライセンシーの代理人として行為し、ライセンシーを本契約に拘束させる全面的な権能と権限を有しており、(ii) ライセンシーがその後当該権能および権限に異議を唱えた場合にライセンシーによる本契約の条項への非遵守に対して責任を負うことを表明および保証します。 また、購入者は、ライセンシーがゲッティイメージズに対して負う義務及び責任を、ゲッティイメージズに対するライセンス料の支払いを含め、連帯して保証するものとします。
3.8 ライセンシーは、明示または黙示を問わず、ライセンシーが実質的にライセンス対象物の芸術的要素から派生した作品の原作者であるということを不当に主張することはできません。
3.9 ライセンスに従い、ウェブサイト上でライセンシー作品を「コピー」または「放送」する場合、ライセンシーは、ライセンス対象物を単独のファイルとしてダウンロード、再公開、再送、複製、他の方法で使用することを禁じる規約を当該ウェブサイトに掲載するものとします。
3.10 ライセンスに従い、ソーシャルメディアプラットフォームまたはその他の第三者ウェブサイト上でライセンス対象物を使用する場合、これに関連して、当該第三者ウェブサイトでライセンス対象物に関する権利が本契約の規定に反する方法で利用されようとしたときは、かかる許諾用途に関するライセンシーの権利は自動的に失効するものとします。この場合、ライセンシーは、ゲッティイメージズからの求めにより、当該プラットフォームまたはウェブサイトから全てのライセンス対象物を削除するものとします。


4. 音楽のクレジット。 ライセンス対象物を、オーディオ/ビジュアル製品に使用する場合で、他の提供者によるライセンス対象物と同様の表現物に関するクレジットラインが併せて表示される場合、技術的に可能な範囲で、他のクレジットと同等の大きさおよび表示場所において、概ね次のような形式のクレジットを付す必要があります: 「[アーティストの名前]/[著作権管理協会等に関する出典(該当する場合)]/ゲッティイメージズ」またはゲッティイメージズから通知された形式。

5. 著作権管理協会等への支払い。 RFライセンス対象物に関しては、上記第6.2項に定める場合を除き、本契約のいかなる条項も、本契約が意図しているライセンス対象物の使用に起因する関係著作権管理協会等への料金支払を免除するものとはみなされません。 RMライセンス対象物の使用に関し、ライセンシーは、ライセンシー作品が「放送」又は複製される該当地域に所在する全ての関係著作権管理協会等にいわゆる「キューシート」を含めた関係書類を自ら提出するか、ライセンシー作品に関する権利を取得した第三者に対し、かかる提出を指示することに同意するものとします。ライセンシーは、さらに、一般的な業界慣習に従い、ライセンシー作品に含まれているライセンス対象物の著作権者へ支払われるべき演奏権料および録音権料を著作権管理協会等が監視および管理できるようにするために必要な全ての手続きを行うことに同意するものとします。 著作権管理協会等に提出するキューシート等の書類には、完全かつ正確な情報を記載する必要があります。この情報には、http://cuesheet.pumpaudio.com(または後継サイトのURL)で提供されているGetty Images Music Cue Sheet Toolにより作成したゲッティイメージズ固有の正確なタイトルが含まれます。

6. 保証および責任の制限。
6.1 ゲッティイメージズは、(i) 引き渡しから30日間、ライセンス対象物の材料や製造方法に起因する欠陥が生じないこと(この保証の違反を根拠にライセンシーが請求できる唯一かつ排他的な救済は、ライセンス対象物の交換に限定されます)、(ii) ゲッティイメージズが本契約を締結および履行するために必要な全ての権利および権限を有していること、(iii) ライセンス対象物が組合協約または団体協約の管轄下で録音されていないこと、(iv) ライセンシーがライセンス対象物を、本契約に基づき、元の形式で使用する場合、著作権、プライバシー権、またはパブリシティ権を含む第三者のいかなる権利侵害も生じないことについて保証します。 ゲッティイメージズは、正確に、ライセンス対象物の主題を説明し、ライセンス対象物に関連するその他の情報(メタデータを含め)を提供するよう努力していますが、当該情報が正確であるという保証はいたしません。
6.2 上記第5条にかかわらず、RFライセンス対象物のみについては、本契約に基づき、該当地域でRFライセンス対象物を「コピー」または公に演奏する権利がライセンシーに直接付与されるものとみなされ、他の場合であれば、本契約で予定された利用の結果として支払いが必要となるような料金を、ゲッティイメージズまたはそのコンテンツ提供者に対して必要は生じません。また、ライセンシーが、本契約に基づき、RFライセンス対象物の使用状況等についていずれかの著作権管理協会等に報告する義務を負うこともありません。 これに関連して、ゲッティイメージズは、いずれの著作権管理協会等に対しても追加のロイヤリティを支払うことなく、演奏権、録音権、その他類似の権利を全て含むライセンスを直接付与するために必要なRFライセンス対象物に関する全ての権利を保有していることについて表明および保証します。かかる表明及び保証は、 (a) ライセンシー(もしくはライセンシー作品の放送局)と著作権管理協会等との間のブランケットライセンス契約もしくはその他の契約の条件に従ってライセンシー(もしくは当該放送局)に課される料金、(b) RFライセンス対象物とともに他の音楽コンテンツを使用したことに起因する料金、及び(c) RFライセンス対象物の作詞者、作曲者、演奏者、その他の権利保有者の著作権管理協会等への加盟や委任契約とは関係なく、現地の制定法により、その徴収が著作権管理協会等に独占的に委任されている料金、賦課金、その他の報酬については、対象となりません。
6.3ゲッティイメージズは、明示的か黙示的かを問わず、ライセンス対象物またはその配布システムに関して、前述以外の他の一切の保証を行いません。この保証には、商品性または特定目的への適合性に関する黙示的な保証が含まれますが、これらに限定されません。 ゲッティイメージズは、本契約に起因するあらゆる懲罰的損害、特別損害、間接的損害、派生的損害、付随的損害もしくはその他の類似の損害、費用または損失について、ゲッティイメージズが当該損害、費用または損失の可能性を通知されていたとしても、ライセンシーまたはその他の個人や団体に対して一切の責任を負わないものとします。 一部の法域では、特定分野の損害に関する黙示的保証または責任を免除または制限することが認められない場合があります。 ゲッティイメージズは、ライセンシーがライセンス対象物に対して行った変更、またはライセンス対象物がライセンシー作品で使用される状況に起因する、またはその結果生じる損害、費用、もしくは損失について一切の責任を負わないものとします。


7. 補償
7.1 ゲッティイメージズは、ライセンス対象物が本契約に従ってのみ使用されることと、ライセンシーが本契約に違反していないことを条件として、上記第6.1 (ii) 項から (iv) 項および第6.2項に定める表明および保証の実際の違反またその旨の主張があった場合にライセンシーが受けられる唯一かつ排他的な救済として、上記第6.3項および下記7.3項に従い、ゲッティイメージズによる上記第6.1 (ii) 項から (iv) 項および第6.2項に定める保証の実際の違反またはその旨の主張に関して第三者が提起した請求(以下「本件請求」)に起因する、またはその結果生じる一切の損害、責任、および費用(合理的な外部の弁護士費用を含む)について、ライセンシー、その親会社、子会社、共同で所有または支配する関連会社、ならびにこれらの役員、取締役および従業員を防御し、補償し、免責するものとします。 ゲッティイメージズは、次のいずれかに起因するかその結果として提起されたいかなる本件請求についても、本第7.1項に基づく義務を負いません。(i) ライセンシーによるライセンス対象物の修正(当該修正がなければ本件請求が提起されなかった場合)。(ii) ライセンス対象物がライセンシーの作品で使用された状況(当該使用がなければ本件請求が提起されなかった場合)。(iii) ライセンシーが本契約の規定に従わなかったこと。(iv) ライセンシー(またはライセンシー作品の放送局)が署名者となっている組合協約または団体協約の条件に基づきライセンシー(または当該放送局)に課される料金または手数料(ただし、当該料金または手数料がゲッティイメージズの上記第6.1 (iii) 項の表明の違反に起因する場合を除きます)。(v) ライセンス対象物が第三者による権利侵害の請求対象となっている事実につき、ゲッティイメージズより知らされるか自ら知った後も、ライセンシーがライセンス対象物の使用を継続したこと。 上記は、ゲッティイメージズの本契約に基づく補償義務の全てを示します。
7.2 ライセンシーは、下記第7.3項の条件に従って、(i) ライセンシーによるライセンス対象物の本契約の範囲外での使用、または (ii) ライセンシーによるその他の本契約の実際の違反またはその旨の主張に関連して第三者が申し立てる請求に起因する、またはその結果生じる一切の損害、責任、および費用(合理的な外部の弁護士費用を含む)について、ゲッティイメージズ、その親会社、子会社、共同で所有または支配している関連会社、およびコンテンツプロバイダー、ならびにそれぞれの役員、取締役、および従業員を防御し、補償し、免責するものとします。
7.3 第7条に基づく補償を請求する当事者(以下「補償請求当事者」)は、補償を行うべき当事者(以下「補償当事者」)に対し、かかる請求を速やかに通知するものとします。 補償当事者は、その選択により、請求または訴訟の処理、和解、あるいは防御を引き受けることができます。その場合、補償請求当事者は、補償当事者からの合理的な要求に応じて、これらの請求または訴訟の防御に協力するものとします。 補償請求当事者は、自ら選択した弁護士を通じ、自己の経費負担において、訴訟に参加する権利を有するものとします。 補償当事者は、補償請求当事者が、本件請求について補償当事者へ通知する前に負担した訴訟費用および他の費用を補償する責任を負いません。


8. ライセンス対象物の状態。 ライセンシーは、ライセンス対象物を「コピー」に出す前に全てのライセンス対象物の欠陥(デジタル的なものかその他のものかを問いません)の有無を調べるものとします。 上記第6.1 (i) 項の権利を妨げることなく、ゲッティイメージズは、直接的か間接的かを問わず、ライセンス対象物、その表題、または状況を問わずその「コピー」の、実際の欠陥あるいは欠陥の主張に起因して発生した、ライセンシーまたは第三者の損失または損害について、一切の責任を負わないものとします。

9. ライセンスのキャンセル料。 ライセンス対象物がライセンシーまたは購入者に引き渡された日から30日以内に、ライセンシーまたは購入者が本契約のキャンセルを書面により求め、かつ該当するライセンス対象物がライセンシーによって使用されていない場合、ゲッティイメージズは本契約をキャンセルし、(i) 該当するライセンス対象物が引き渡された日から7日以内にキャンセルが求められた場合は、ライセンス料の最高100%に相当する金額から50米ドルまたはそれに相当する現地通貨での額を管理費として差し引いた金額を、(ii) 該当ライセンス対象物が引き渡された日から8~30日以内にキャンセルが求められた場合は、ライセンス料の最高50%に相当する金額から50米ドルまたはそれに相当する現地通貨での額を管理費として差し引いた金額を、ライセンシーまたは購入者のアカウントのクレジットとし、またはクレジットカードへの返金処理とすることができるものとします。 ライセンス対象物が引き渡されてから30日を過ぎてキャンセルが求められた場合、ライセンス料は一切払い戻しされません。 請求書記載の条件に従って支払われるべきであって、払い戻しが認められていないリサーチ、ラボ、手数料、または定額使用料金には、本第9条の規定は適用されません。

10. 電子的方法による請求、未払いの請求額について生じる遅延利息。 ライセンシーおよび購入者は、ライセンシーおよび/または購入者のゲッティイメージズのアカウントに関連付けられているEメールアドレスを通じて、ゲッティイメージズから電子的方法で請求書を受け取ることに同意するものとします。 ライセンシーがゲッティイメージズの請求書の全額を請求書に指定されている期限内に支払わなかった場合、ゲッティイメージズは管理料として、月率1.5%の金額、または法律により未払い残高に課すことが認められている金額のいずれか低いほうの金額を、支払いが行われるまでの間、追加請求します。

11. 権利の留保。 本契約に従ってゲッティイメージズによりライセンシーに明示的に付与されていない全ての権利は、ゲッティイメージズが保有しています。このような権利には、ゲッティイメージズが所有または管理している全てのプロモーション用素材やその他のあらゆる財産(ゲッティイメージズが提供する制作用ハードドライブ、その他の音楽ライセンスシステムを含みますが、これに限定されません)が含まれます。 本契約に別段の明示規定がない限り、本契約のいかなる規定も、ライセンス対象物に関する権利者としての権益(著作権を含みます)がライセンシーへ譲渡又は移転する根拠としてみなされることはありません。 ライセンシーに提供された各ハードドライブまたはその他のシステム(本契約に基づき提供される接続ケーブルまたは他の周辺機器を含みます)は、ゲッティイメージズの所有物であり、求められた場合には返却するものとします。 本契約に従わずに、ハードドライブまたはその他のシステムに含まれている情報や独自素材(メタデータ、サウンドレコーディング、効果音および音楽作品を含みます)を使用することはできません。

12. 雑則。
12.1不正使用および契約の終了。 本契約で明示的に許可されていない方法で、または本契約に違反する方法でライセンス対象物が使用された場合、ゲッティメージズは、著作権侵害に対し、世界各地の著作権法に基づいて得られるあらゆる権利および救済手段を行使する権利を持つものとします。 ライセンス対象物の不正利用に対しては、本契約に記載されたゲッティイメージズの他の救済手段に加え、またそれを損なうことなく、ゲッティイメージズはその支払いを請求する権利を保持し、ライセンシーはゲッティイメージズの通常のライセンス料の最高5倍に相当する金額を支払うことに同意するものとします。 ゲッティイメージズは、ライセンシーが(i)ゲッティイメージズからライセンス対象物に関連する不正使用の通知を受けた後に本契約を締結した場合、(ii)本契約締結時にライセンス対象物の意図する使用に関して不正確な情報を提供した場合、(iii)期日までにライセンス料を支払わなかった場合、または(iv)その他本契約の条件に違反した場合、本契約を終了する権利を留保します。 本契約が終了した場合、ライセンシーは直ちに(I)ライセンス対象物の使用を中止し、さらに(II)ライセンシーが所有または管理しているライセンス対象物を破棄するか、ゲッティイメージズの要求に基づきこれをゲッティイメージズに返却しなければならず、また、ゲッティイメージズが正当な理由に基づき解除をした場合は、ライセンシーが保有または管理しているライセンシー作品についても同様にする義務があります。
12.2遵守に関する監査/証明書。 ライセンシーは、合理的な通知を受けた場合、ゲッティイメージズに対し、ライセンス対象物を含むライセンシー作品か「コピー」のサンプルコピーを提供するものとします。ライセンス対象物が本契約に基づき付与されている「コピー」または「放送」されている、有料またはその他アクセス制限つきのウェブサイトまたはプラットフォームへ無償でアクセスできる権利の提供が含まれます。 さらにゲッティイメージズは、合理的な通知の上、自己の裁量により、自社の従業員または第三者を通じて、本契約の条項の遵守を確認するために、本契約およびライセンス対象物の使用に直接関連するライセンシーの記録を監査することができます。 かかる監査の結果、監査の対象となった期間中ゲッティイメージズに対する実際の支払額が本来支払われるべき金額より5%以上過少であったことが明らかになった場合、ライセンシーはゲッティイメージズに対し、未払い分に加え、当該監査の費用を支払うものとします。 ライセンス対象物が本契約に基づき付与されているライセンスの範囲外で使用されていると、ゲッティイメージズが合理的に信じる場合、ライセンシーはゲッティイメージズの求めに応じ、ゲッティイメージズが認める書式にて、ライセンシーの役員が署名した遵守証明書を提出するものとします。
12.3取り消し。 ライセンス対象物が、第三者の権利を侵害しているという申し立ての対象となっており、当該申し立てについてゲッティイメージズが責任を負わなければならない可能性があることを、ゲッティイメージズがライセンシーに通知したか、ライセンシーが知った場合、ゲッティイメージズは、ライセンシーに対し、自己の費用負担にて、下記を速やかに行うよう求めることができます。(i) ライセンス対象物の使用を中止すること。(ii) ライセンシーの施設、コンピュータシステムおよび(電子的または物理的な)保管場所からライセンス対象物を削除または除去すること。(iii) ライセンシーのクライアントにも同様の作業を行わせること。 この場合、ゲッティイメージズは、本契約のその他の規定に従って、ライセンシーに対し同等のライセンス対象物(この同等性については、商業的合理的な判断によりゲッティイメージズが決定します)を無料で提供します。
12.4準拠法/仲裁。 本契約は、抵触法に関連する条項を除き、全ての点において米国ニューヨーク州の法律に準拠します。 本契約もしくは本契約の強制可能性、または当事者間の事業上の関係に起因しもしくは関連する全ての争いは、JAMS(以下「JAMS」)またはInternational Centre for Dispute Resolution(国際紛争解決センター、「ICDR」)の、仲裁が開始された日において有効なJAMSのComprehensive Arbitration Rules and Procedures(包括的仲裁規則および手続き)の迅速手続きまたはICDR(適用規則はライセンシーの裁量によります)の仲裁人を選出するための規則および手続きに従って選出された1人の仲裁人により、米国ワシントン州シアトル市、米国ニューヨーク州ニューヨーク市、米国カリフォルニア州ロサンゼルス市、英国ロンドン市、仏国パリ市、独国フランクフルト市、日本東京都、またはシンガポールのいずれかの仲裁地(ライセンシーの住所に最も近い仲裁地)で実施される、拘束力を有する秘密の仲裁によって、最終的に解決されるものとします。 仲裁手続は英語で実施され、あらゆる文書は英語で作成および提出されるものとします。 仲裁人の裁定は最終的なものとなり、両当事者を拘束し、管轄を有するいずれの裁判所においても、仲裁裁定に関する判決を受け、執行が可能となります。 請求または防御の対象となったある点について主張が認められた当事者は、当該主張が認められた請求または防御に関連する合理的な訴訟費用を回収する権利を有し、当該当事者が支払うべき費用および裁定額があれば、それと相殺されるものとします。 国際物品売買契約に関する国連条約は、本契約には適用されません。 上記にかかわらず、ゲッティイメージズが、必要または望ましいと判断した場合、ライセンシーに対する差止またはその他の救済を得るため、ゲッティイメージズは、適切な管轄権を有する裁判所においてコモンロー上や衡平法上の訴訟または手続きを開始し法的救済を求める権利を有するものとします。 両当事者は、関連する他の時効規定にかかわらず、あらゆる仲裁手続は、訴因たる行為、事象、または事実の発生から2年以内に開始しなければならないことに同意するものとします。 本項の規定は、当事者が、仲裁手続きの保全のために、管轄権を有する裁判所に保全命令を求めることを妨げるものではありません。
12.5可分性。 本契約の1つまたは複数の条項が、何らかの点において無効、違法、または強制不能であると認定された場合であっても、その他の条項の有効性、適法性、および強制力には影響を及ぼさないものとします。 当該条項は、強制を可能とするために必要がある限度において修正されるものとします。
12.6権利放棄。 書面による明示的な権利放棄が行われない限り、いずれの当事者のいかなる行為も、本契約のいずれかの条項の権利放棄と解釈されるものではありません。 いずれかの当事者の権利または救済手段の行使の遅延は、当該権利または救済手段の放棄とはならず、いずれかの当事者が当該権利または救済手段を1回または部分的に行使することにより、当該権利または救済手段の再度または以後の行使が妨げられることはありません。 権利または救済手段をある1回放棄したとしても、それは、その他の機会における権利または救済手段の阻却事由または放棄と解釈されないものとします。
12.7完全合意。 本契約は、ゲッティイメージズの事業者である顧客を対象としており、ライセンス契約のあらゆる条項を含んでいます。 書面によって、両当事者の正当な権限を有する代表者が書面で承諾するか、またはゲッティイメージズが電子的に発行したものをライセンシーの正当な代表者が書面で承諾しない限り、いかなる条項または条件も追加し、又は削除することはできません。 本契約の条項とライセンシーからの注文書に記載される条項に矛盾がある場合は、本契約の条項が優先します。
12.8税金。 全てのライセンス料は、適用される売上税、使用税、源泉徴収税、またはその他の取引税を除く金額であり、これらの税金についてはライセンシーまたは購入者(該当する場合)が単独で支払う責任を負うものとします。
12.9ゲッティイメージズのライセンス会社。 本契約に基づくライセンサーが以下に列挙されているいずれの会社となるかは、ライセンシーまたは購入者(存在する場合)の請求先住所によって決定されます。


ライセンシー/購入者の所在地: ゲッティイメージズのライセンサー(所在地):
米国ゲッティ イメージズ 米国支社
スペインゲッティ イメージズ セールス スペイン
ポルトガルゲッティ イメージズ セールス ポルトガル
オーストラリアゲッティ イメージズ セールス オーストラリア
ニュージーランドゲッティ イメージズ セールス ニュージーランド
マレーシアゲッティ イメージズ マレーシア支社
タイゲッティ イメージズ デジタル(タイ)支社
フィリピンゲッティ イメージズ フィリピン支社
香港ゲッティ イメージズ セールス香港
シンガポールゲッティ イメージズ セールス シンガポール
日本日本ゲッティ イメージズ セールス ジャパン合同会社
インドゲッティ イメージズ メディア インド
アラブ首長国連邦、バーレーン、ヨルダン、クェート、レバノン、オマーン、カタール、サウジアラビア、イエメンゲッティ イメージズ中東 FZ LLC(アラブ首長国連邦)
トルコゲッティ イメージズ メディアサービス株式会社トルコ(トルコ)
その他の国ゲッティ イメージズ インターナショナル(アイルランド)

©2014 Getty Images. 無断転載禁止。